賀来賢人、まさかの改名宣言 山崎賢人と“賢人かぶり”問題で

賀来賢人、まさかの改名宣言 山崎賢人と“賢人かぶり”問題で

「ぽん!」と可愛くアピールしてみせる賀来賢人 (C)モデルプレス

【賀来賢人/モデルプレス=9月28日】俳優の賀来賢人が28日、都内で行われた映画『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)完成披露試写会でまさかの“改名宣言”をした。

◆かくぽんって呼んで〜

「“賀来ポン太”になりました。改名したんです」と発表する賀来にざわつく会場。主演の山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)との“賢人かぶり問題”が発生していたことから、番組の企画で“本当の賢人はどっちだ”対決を実施。三本勝負の結果、敗北した賀来が“ポン太”に改名することになったとのことで、福田雄一監督から「今日から『斉木楠雄』に関するイベントはずっと賀来ポン太」との説明があった。

「親しみのある感じで呼んで!」とノリノリの賀来に会場から早速「ポン太〜!」との歓声があり、「ポン!」とかわいい決めポーズまで披露。“かくぽん”という愛称まで決まり、盛り上がりを見せていた。

週刊少年ジャンプで連載される麻生周一氏の人気ギャグコメディを実写映画化。生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る斉木楠雄(山崎)がワケありクラスメイトたちとの文化祭であわや地球滅亡の災難に見舞われる。

現場では爆笑シーンの連続で、無表情の楠雄を演じるため笑いをこらえるのに必死だったという山崎。特に賀来が演じた元ヤン・窪谷須亜蓮は楠雄にしつこく絡んでいく役どころで、「目に力を入れすぎてものもらいができた」と熱演のあまり体調に支障が出たことを告白。「『銀魂』の時はあんまりハジけられなかったんですけど…」という賀来に「出てねーだろ!」との総ツッコミが飛んでいた。

イベントにはほか橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀が登壇した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)