「HiGH&LOW」最新作、ストーリー初解禁 SWORD最後の闘いへ

「HiGH&LOW」最新作、ストーリー初解禁 SWORD最後の闘いへ

岩田剛典、岩城滉一(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会

【HiGH&LOW/モデルプレス=9月29日】EXILE HIROが企画プロデュースを務める総合エンタテインメント「HiGH&LOW」の新作映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION」(11月11日公開)の場面写真が公開され、ストーリーも初解禁された。

リアルとファンタジーがコラボした世界観で、映画、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、アルバム、LIVEなど、あらゆるメディアを巻き込み展開する「HiGH&LOW」は、“SWORD地区”(S=山王連合会、W=White Rascals、O=鬼邪高校、R=RUDE BOYS、D=達磨一家)に存在するチームのプライドをかけた闘いと、その裏のリアリティのある大人の世界・生き様を描く物語。すでに「THE MOVIE」「HiGH&LOW THE RED RAIN」「HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY」が公開されており、最新作「FINAL MISSION」は劇場版4作目となる。

◆「HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION」ストーリー

チームを超えて力を合わせ、悪名高きスカウト集団・DOUBTと監獄からの刺客・プリズンギャングとの“黒白堂駅の闘い”に勝利したSWORD(山王連合会、White Rascals、鬼邪高校、RUDE BOYS、達磨一家)メンバーたち。だが、勝者が決まったかに見えたその場に、九龍グループの善信会を率いる善信吉龍(岸谷五朗)が乗り込んできた。

九龍グループが振りかざす“大人の力”は、想像をはるかに超えて強力だった。琥珀(AKIRA)、九十九(青柳翔)、雨宮雅貴・広斗兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)が、命懸けで公開したUSB内の機密情報によって一度は逮捕された九龍グループ総裁・九世龍心(津川雅彦)は、証拠不十分によりすぐ釈放された。

そして、打ちのめされた若者たちに追い打ちをかけるかのように、九龍グループ総力を結集した“SWORD壊滅行動”が遂行されていく。大切な仲間を狩られ、愛する地元の街に吊された山王連合会。大切な根城のクラブ「HEAVEN」を金の力で追い立てられるWhite Rascals。鬼邪高校や、達磨一家の本拠地も壊滅状態。

固い結束を誇る山王連合会は分裂の危機に晒され、コブラ(岩田剛典)は1人、九龍に闘いを挑むが、逆に拉致され激しい拷問にあってしまう。“無名街”には重機が入り、無残にも九龍に破壊されていく。ここにいては家族に危険が及ぶと察知したスモーキー(窪田正孝)は、皆に逃げろと告げて、1人街に残り、敵に対峙しようとする。

政府と裏でつながっている九龍グループは、かつて政府主導で行われた不正を隠ぺいするため、SWORD地区の“無名街”を爆破、その跡地にカジノ建設を目論んでいた。その事実を知った琥珀は、コブラ救出作戦を決行。一堂に会したSWORDメンバーと琥珀・九十九・雨宮兄弟たちは、隠ぺいを暴くための“3つの証拠”を見つけだし、九龍の野望を永遠に打ち砕くことを決意する。

「これが最後の喧嘩だ!」政府によるSWORD地区の爆破セレモニーが刻一刻と迫るなか、九龍グループの圧倒的戦力をくぐりぬけて、“ファイナル・ミッション”に走る若者たち。伝説として語り継がれるSWORD最後の闘いが始まる。

◆場面写真も初解禁

今回された場面写真は3枚。コブラ(岩田)が「九龍グループ」二代目総裁の有力候補とされる黒崎会会長・黒崎君龍(岩城滉一)に拘束されて睨み合う姿、意味深な表情のスモーキー(窪田)、爆発の中を必死に駆け抜けるコブラとエリ(鈴木梨央)と、どれも映画への期待が高まるショットとなっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)