馬場ふみかのギャップに鈴木伸之が戸惑う「どっちが本当?」<リベンジgirl>

馬場ふみかのギャップに鈴木伸之が戸惑う「どっちが本当?」<リベンジgirl>

鈴木伸之、馬場ふみか (C)モデルプレス

【馬場ふみか・鈴木伸之/モデルプレス=12月23日】モデルで女優の馬場ふみかが23日、都内で行われた映画『リベンジgirl』初日舞台あいさつに、主演の桐谷美玲をはじめ、鈴木伸之、清原翔、竹内愛紗、斉藤由貴、三木康一郎監督とともに出席した。

◆鈴木伸之、馬場ふみかの“素顔”を語る

同作は、“ミス東大”“イケメン彼氏持ち”、性格以外はパーフェクトな“イタイ女”宝石美輝(桐谷)が、フラれた相手を見返すために女性初の総理大臣を目指すラブストーリー。馬場は美輝の出馬を手伝う仲手川万里子役を演じる。

馬場と初共演となった鈴木は、現場での馬場について「(馬場の)役柄がすごく明るいキャラクターなんですが、役とは印象が全然違って、礼儀正しくて真面目」と劇中とはギャップのある一面を紹介。「どっちが本当の馬場ふみかなのかなと思った」と話すと、馬場は照れ笑いで、「普段のキャラとはだいぶ違うかな」と振り幅の大きい役に挑んだことを振り返った。

また、作品について漢字一文字で表現するよう求められた馬場は「愛」と答え、「撮影の現場も愛のある温かい現場でした。(演じる)万里子も愛されることを大切にしているので、愛がポイント」と笑顔で語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)