東京ディズニーランドの平成30年間を振り返る “おもしろコンテンツ”一挙公開

東京ディズニーランドの平成30年間を振り返る “おもしろコンテンツ”一挙公開

「ミッキー・マニア」のデコレーション(平成7年4月15日〜10月31日) (C)Disney

【ディズニー/モデルプレス=4月18日】18日、東京ディズニーランドの平成30年間を振り返る“あっと驚くおもしろコンテンツ”が一挙公開された。

平成30年間、東京ディズニーランドにはあっと驚くようなコンテンツがたくさんあり、写真映えするデコレーションや、いつもと違ったパークの雰囲気を楽しめる様々なイベントが展開された。今回公開されたのは、「こんなことがあったんだ!」と見ているだけで楽しくなる、おもしろコンテンツ。平成2年、平成5年、平成7年、平成18年、平成31年のコンテンツを紹介する。

◆平成2年:東京ディズニーランドに巨大なデコレーションが出現

スポーツの秋をテーマに、東京ディズニーランドで開催された「ミッキーマウス・スポーツフェスティバル」では、シンデレラ城付近に巨大なバルーンのデコレーションが登場。

見上げるほど大きな野球やボクシングのグローブ、アメリカンフットボールのヘルメット、バスケットボールを背景に、わくわくするユニークな写真を撮影することができた。

シンデレラ城前のステージでは、“フェアに全力を尽くすところにスポーツの素晴らしさがある”とうたう、「ディズニー・スーパースターズ」を公演。ミッキーマウス率いるミッキーチームと、フック船長率いるフックチームが、さまざまなスポーツをテーマに熱い対戦を繰り広げた。

◆平成5年:シンデレラ城形の熱気球が大空を飛んだ

平成5年4月15日、東京ディズニーランド開園10周年を記念して、シンデレラ城の形をした大きな熱気球が東京ディズニーランドの上空を飛んだ。

熱気球は、パーク開園1時間半前の午前7時に、ゲストパーキングから上げられた。

◆平成7年:ミッキーマウスのキャップやグローブが、パレードに次々と現れた

東京ディズニーランド中がミッキーだらけになったスペシャルイベント「ミッキー・マニア」の「ミッキー・マニア・パレード」には、ミッキーのキャップやグローブ、シューズなどが登場し、さまざまなミッキーのモチーフで飾られたフロートと一緒にユニークなパレードを盛り上げた。

また、シンデレラ城の周りでは、ミッキーをモチーフとした可愛いデコレーションがたくさん設置され、パークはまさにミッキー一色の楽しい場所となった。

◆平成18年:スティッチのいたずらで東京ディズニーランド中が“ハチャメチャ”に

ディズニー映画「リロ&スティッチ」に登場するエイリアンのスティッチが、パークに訪れるゲストを喜ばせようとカラフルな落書きでスティッチ流におもてなし。

パーク内には“ハチャメチャ”なデコレーションが施され、「白雪姫のグロット」では七人のこびとたちにまざってスティッチが登場していた。

◆平成31年:“うさたま”たちがドタバタ大騒動を繰り広げるヘンテコ楽しい「ディズニー・イースター」!

平成最後のスペシャルイベントは「ディズニー・イースター」。イースターエッグを作るマシンから、次から次へと誕生した好奇心いっぱいな“うさたま”たちがパーク中に大脱走。

同イベントは平成31年4月4日〜令和元年6月2日の期間、開催される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)