妊娠中の川栄李奈、お腹ややふっくら ゆったりワンピで登場<泣くな赤鬼>

妊娠中の川栄李奈、お腹ややふっくら ゆったりワンピで登場<泣くな赤鬼>

川栄李奈(C)モデルプレス

【川栄李奈/モデルプレス=6月15日】女優の川栄李奈が15日、都内の劇場で行われた映画『泣くな赤鬼』公開記念舞台挨拶に共演者の堤真一、柳楽優弥、竜星涼、掘家一希、武藤潤、兼重淳監督とともに出席した。

先月、俳優の廣瀬智紀と結婚と年内出産を公表していた川栄はふんわりとしたシルエットのワンピース姿、足元は低いヒールのサンダルで登場。お腹はややふっくらとしていた。

「泣くな赤鬼」は、「とんび」「流星ワゴン」などの重松清氏の小説が原作。熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれた高校野球部の監督・小渕隆(堤)と、末期がんで余命半年と宣告された元教え子・斎藤智之(柳楽)との絆を描く。

◆川栄李奈、再会したい人は?

柳楽の妻を演じた川栄は、柳楽の母役のキムラ緑子との共演を聞かれ、「4ヶ月前、ドラマで私のお母さん役で。なので緑子さんとはすごくご縁を感じた。今回も同じシーンが多くて、リハから号泣する緑子さんをみて、たくさん学びました」と回想。2人は仲良くなり連絡先を交換したが、「携帯替えたら連絡が分からなくなっちゃって…」と暴露し「今度会った時に聞こうと思います」と苦笑いだった。

作品になぞらえ、“再会したい人”について問われると「この映画を観終わった後、家族や友達のありがたさを感じた。私はおじいちゃん、おばあちゃんに年に1回会うか会わないかなので、おじいちゃんとおばあちゃんに会いたい」と語った。

◆竜星涼、意外な繋がり明かす

学生時代、サッカー部に所属していた柳楽は「サッカーの先生が厳しくって。中学に行ったらいつでも会えるんですが、その先生に会いたいです。今どんな風に話せるのか。(映画を)観てもらいたい」。柳楽と同じくサッカー部だった竜星はサッカー日本女子代表の岩渕真奈選手を挙げ、「小学校の時ずっと一緒にサッカーしていた。当時はボロクソに負けていたけど、もう1度サッカーしてみたい」と意外な繋がりを明かした。

舞台挨拶の締めでは、柳楽が「人間を深く描くような作品に参加できて嬉しかった。この作品(のプロモーションが)最後なので、堤さんハグしてもらっていいですか?」とリクエスト。堤は驚きながらも快諾。熱い抱擁を交わし、柳楽は「ちょっと、感無量…」と嬉しそうな表情を浮かべた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)