GENERATIONS片寄涼太、松本穂香をインスタで知る「癖になる」<きみと、波にのれたら>

GENERATIONS片寄涼太、松本穂香をインスタで知る「癖になる」<きみと、波にのれたら>

片寄涼太(C)モデルプレス

【片寄涼太/モデルプレス=6月21日】GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太が21日、都内で開催された映画『きみと、波にのれたら』の初日舞台挨拶に、川栄李奈、伊藤健太郎、松本穂香、湯浅政明監督とともに出席した。

サーフィンが大好きな向水ひな子(川栄)が、消防士として働く雛罌粟港(片寄)と偶然の出会いを機に恋に落ち、やがて港が事故で命を落としてしまうものの、二人が奇跡的な再会を果たす姿を感動的に描く本作。当日は物語にちなみ、登壇者が一歩を踏み出してこの夏に挑戦してみたいことを、イラストで発表することに。

港の妹でぶっきらぼうな性格の高校生・雛罌粟洋子 (ひなげしようこ)の声優を務めた松本は、見せる前から苦笑。「(映像に)流せない」「ホラー!」といじられる中で「包丁ときゅうり」のイラストを披露し「料理の達人になる!」と宣言。「(料理を)本格的にできるようになろうというのを。小口切りから…」とも話して会場を沸かせていた。

一方、港の後輩で新人消防士の川村山葵 (かわむらわさび)を演じる伊藤は、地球と飛行機の絵を見せて「旅ですね!一人旅!なかなか、一人で旅っていうのを、しないものですから」とコメント。「一人旅は楽しみ方がよくわからなくて。一人でも他に行くの、ありなのかな?」という伊藤に、中国で開催される上海国際映画祭の金爵賞アニメーション部門に本作がノミネートされたことを受け、同映画祭に参加する片寄は「カニ、食べちゃう?」と上海行きを提案していた。

続いて川栄は、可愛らしいタッチのイラストを見せ「浴衣を着たい。お祭りに行きたいではなく、浴衣を着たい。大人になってから、浴衣をプライベートで着たことがなくて、なので、着てみたいっていうやつです」とニッコリ。「雰囲気が良いですよね」(片寄)、「夏っぽい。素敵」(伊藤)と男性陣に好評だった。

最後となった片寄は、インスタグラムの画面のイラストとともに「週刊 松本穂香に出たい」という願望を吐露。片寄は松本が自身のインスタグラムで行っている企画「週刊 松本穂香」をきっかけに松本の存在を知ったことを明かし「どんな作品を見たわけでもなく、この企画を見て、なんか面白いことやってる人がいるなと思ったんですよ」と回想。そのシュールな内容を「癖になるんですよ。見てると」と絶賛しつつ「今年の夏は、勇気を出して、そこに出ようと」と出演意欲を燃やした。そんな片寄に松本は「あとで一緒に」と共演を呼びかけ、片寄も「あ、本当ですか?いいですか?やったあ!」と白い歯を見せていた。

◆伊藤健太郎、片寄涼太のものまねで会場沸かす

またこの日は、伊藤が「波に乗るんだ」という港のセリフを、ポーズ付きでものまねする一幕もあり、これに観客は大ウケ。「ちょっと?一応、先輩だよ?」と片寄につっこまれた伊藤だったが、アンコールを受けると「波に乗るんだ」と同じものまねを見せて会場を沸かせていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)