久保田紗友、新田真剣佑&北村匠海W主演「サヨナラまでの30分」ヒロインに抜擢

久保田紗友、新田真剣佑&北村匠海W主演「サヨナラまでの30分」ヒロインに抜擢

久保田紗友(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

【モデルプレス=2019/08/20】女優の久保田紗友が、俳優の新田真剣佑と北村匠海がW主演を務める映画『サヨナラまでの30分』(2020年1月公開)のヒロイン役で出演することがわかった。

『ちはやふる』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『十二人の死にたい子どもたち』『カイジ ファイナルゲーム』などその確かな演技力で話題作への出演が絶えない新田と、同じく『君の膵臓をたべたい』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『君は月夜に光り輝く』などで若者の絶大な支持を受け、音楽グループ・DISH//のVo.&Gtとして幅広い活躍を魅せる北村のW主演となる今作。

1年前に死んだバンドミュージシャンのアキ(新田)。明るくて物おじせず、率先して人を引っ張っていく前向きな性格。アキとは正反対の性格で、人と関わる事が苦手な大学生の颯太(北村)。そのせいで就職活動も失敗ばかりの颯太が、ある日拾ったカセットテープ。それが再生されるたった30分間だけ、颯太の体の中身は死んだはずのアキになる。出会うはずのない2人を繋いだカセットテープはアキが遺したものだった。颯太の体を借りて、アキは恋人やバンド仲間に会いに行く。それは颯太と彼女との出会いでもあった。アキと颯太の歌が彼女に届くとき、3人の世界が大きく変わり始める。

◆ヒロインは久保田紗友 ラブストーリー初挑戦

すでに発表されている葉山奨之・上杉柊平・清原翔に加え、ヒロイン・村瀬カナ役に、ブレイク必至の注目女優である久保田が抜擢。ドラマ「過保護のカホコ」(2017)「この世界の片隅に」(2018)で注目を集め、『ハローグッバイ』(2017)で長編映画初主演。CMキャラクターとしても活躍の幅を広げている。

弱冠19歳の彼女が演じるのは、アキ(新田)の生前のバンドメンバーであり、恋人でもあった“カナ”。バンドではピアノを担当していたが、アキが死んでバンドが解散してからは音楽も辞めてしまい、普通の大学生活を送っている。そんな中、颯太(北村)の体を借りてバンド再結成をたくらむアキがカナに近づいていくことにより颯太とも関りをもつことになり、2人は次第に心を通わせていく。今作ならではの特殊な三角関係で描かれる、切ないラブストーリーとなる。

久保田は「撮影に入る前の準備段階で、ピアノの練習やボイトレ、バンドメンバーとリハを重ねたりと、約半年程常に私の心の片隅にカナがいて、現場では自然と役に入り込むことができました。カナは真っ直ぐで芯の強い女の子ですが、大切な人を亡くしそれでも前に進もうと頑張る姿に私自身共感して苦しいと感じることもありましたが、監督、スタッフ、キャストの皆さんの支えがあり、カナという人物、人生を全身で感じて向き合うことができました」と撮影を振り返り、「観て下さる皆さんの心にも残る作品になると思いますので、是非たくさんの方に届いて欲しいです」とコメント。

ラブストーリー自体初めての挑戦である彼女の瑞々しい演技に加え、こちらも初挑戦ながらも、クランクイン前から猛特訓で挑んだピアノ演奏にも期待が高まる。(modelpress編集部)

■久保田紗友コメント

村瀬カナ役を努めさせて頂くことになりました久保田紗友です。撮影に入る前の準備段階で、ピアノの練習やボイトレ、バンドメンバーとリハを重ねたりと、約半年程常に私の心の片隅にカナがいて、現場では自然と役に入り込むことができました。カナは真っ直ぐで芯の強い女の子ですが、大切な人を亡くしそれでも前に進もうと頑張る姿に私自身共感して苦しいと感じることもありましたが、監督、スタッフ、キャストの皆さんの支えがあり、カナという人物、人生を全身で感じて向き合うことができました。観て下さる皆さんの心にも残る作品になると思いますので、是非たくさんの方に届いて欲しいです。

■監督:萩原健太郎コメント

ヒロイン役のオーディションは、数ヶ月の間で数回に分けて行われたのですが、久保田さんとはその最後に会いました。負けず嫌いな性格が強く出た、まるでこちらを拒否しているような眼差しがカナというヒロイン像と重なりました。撮影が進んでいくにつれ、芝居に対しての感の良さはもちろんのこと、自らを解放しどんどん自由に、いきいきと変化していく姿に驚きました。久保田さんのお陰でカナという役が想像していたよりも何倍も魅力的なキャラクターになったと思います。

■プロデューサー:井手陽子コメント

何色にも染まっていないフレッシュなヒロインを求めて行ったオーディションで、久保田紗友さんと出会いました。その凛とした姿からは、言葉を発せずとも、熱い情熱を感じ、その眼差しは、鋭くも、温かくもあり、様々な想いを抱えて生きる “カナ”というキャラクターそのものだと感じました。撮影では、ふとした表情や、仕草に、何度も心震わされました。この出会いがあったからこそ、“カナ”というキャラクターは、飛躍し、成長できたと思っています。物語に新たな一面をもたらしてくれたこの出会いは、今思えば必然としか思えません。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)