広瀬すず、ピンク髪の全身デスメタ姿を公開 吉沢亮をヘッドロック<一度死んでみた>

広瀬すず、ピンク髪の全身デスメタ姿を公開 吉沢亮をヘッドロック<一度死んでみた>

広瀬すず (C)2020 松竹 フジテレビジョン

【モデルプレス=2019/09/20】女優の広瀬すずがヒロインを務め、吉沢亮、堤真一が出演する映画『一度死んでみた』(2020年3月20日公開)の特報と第一弾ポスターが解禁された。

◆広瀬すず、デスメタル女子に変貌 吉沢亮も強烈キャラに

本作は、父のことが死ぬほど嫌いな女子大生・七瀬(広瀬)と、「少しだけ死ぬ薬」で仮死状態となり、“おばけ”になってしまった父親(堤)を巡って巻き起こる騒動を描くコメディ。

今回、広瀬演じるヒロイン・七瀬のビジュアルが初解禁。髪を半分ピンクに染め、全身デスメタルの衣装に身を包み、NHK連続テレビ小説『なつぞら』で演じた、まっすぐでピュアなヒロインとは180度違う、インパクト大の新たな魅力を爆発させた。

特報では、広瀬が「今死んだらぶっ殺すわよ!」と叫んだり、人差し指を上に突き出したデスポーズや、キレのあるハイキックも披露。コメディ初挑戦とは思えぬ、そのハジけたコメディエンヌぶりが明らかとなっている。

また、七瀬の父・計を演じる堤も、ペッタリした七三分けと、とぼけた表情で変人度たっぷりの“クソオヤジ”ぶり。そして計の部下で、“存在感のなさすぎる”松岡を演じる吉沢も、端正な顔が隠れそうなほどの長い前髪とメガネ姿で、かつてなく存在感が無さすぎるキャラに変貌。そんな3人の一癖も二癖もある個性的なキャラクターが垣間見える映像となっている。

なお、第1弾ポスタービジュアルでは、「生き返れ!クソオヤジ!!」とのキャッチコピーとともに、背後から吉沢につかみかかりながら前に乗り出す広瀬、完全に困り顔の吉沢、そんな2人の後ろで怪しげな笑みを浮かべ幽霊のごとく佇む堤と、これから巻き起こる大騒動を予感させる仕上がりに。

ほかにも、広瀬が睨むような目線でデスポーズを決めているチラシ裏ビジュアルも公開された。

◆映画『一度死んでみた』有名クリエイターの超強力タッグにより誕生

今作は、「白戸家」シリーズ、「ハイジ」シリーズなど数多くの有名CMを製作し、『ジャッジ!』『犬と私の10の約束』など映画の脚本も担当した澤本嘉光氏によるオリジナル作品。演出は、「三太郎」シリーズなどを手掛けるCMディレクターの浜崎慎治氏が初監督作品として手掛けた。(modelpress編集部)

◆『一度死んでみた』ストーリー

売れないデスメタルバンドでボーカルをしている女子大生の七瀬(広瀬すず)は、父・計(堤真一)のことが大嫌いな反抗期こじらせ女子。バンドのライブで「一度死んでくれ!」と計への不満をシャウトしていたある日、計が突然死んでしまったとの知らせが入る。

それは実は、「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計はただの仮死状態。ところが、2日後に生き返るはずが、彼をそのまま亡き者にしようという陰謀により、生き返る前に火葬されてしまいそうな状況に。

大嫌いだった父の絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、計の部下で“存在感のなさすぎる”松岡(吉沢亮)とともに立ち上がることを決意する。火葬までのタイムリミットは2日間。果たして七瀬たちは無事に計を生き返らせることができるのか…。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)