前田敦子、”稀有な存在感”で最優秀女優賞「毎日ひたむきにやっていきたい」<第11回TAMA映画賞>

前田敦子、”稀有な存在感”で最優秀女優賞「毎日ひたむきにやっていきたい」<第11回TAMA映画賞>

前田敦子(C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/11/17】17日、東京・中央大学多摩キャンパスで開催された映画ファンの祭典「第29回映画祭 TAMA CINEMA FORUM」にて、「第11回TAMA映画賞」授賞式が行われ、最優秀女優賞を受賞した前田敦子が登壇した。

◆前田敦子、TAMA映画賞に7年ぶり凱旋

『旅のおわり世界のはじまり』『葬式の名人』『町田くんの世界』などに出演した前田は、「『旅のおわり世界のはじまり』で演じた女性像は、女優・前田敦子の資質・魅力と鮮やかにシンクロし、稀有な存在感を放った」として、最優秀女優賞を受賞。

2012年に新進女優賞を受賞している前田は「初めての映画賞がこのTAMA映画賞だったので、今回こうしてまた帰ってくることができて本当に嬉しいです。ありがとうございます」と喜びをあらわに。

今年3月には夫である勝地涼との間に第1子が誕生したことを発表し、女優であり母でもある前田。今後の抱負を問われると、「今年は映画に一番参加させていただけた年だったのかなと思います。映画の世界ってすごく夢が詰まっていて、なんてワクワクするんだろうとやればやるほど思えるというか。映画の世界にいる皆さんの前向きさ、ひたむきさがとても尊敬できるし大好きなので、またこれからどういうペースでやっていくかどうかはゆっくり決めていきながらではあると思うんですけど、ガッツリまた映画の世界に携われる日が来るといいなと。そのために全てのことをしっかり頑張って毎日ひたむきにやっていきたいと思います」と語った。

■「第11回TAMA映画賞」

多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰したもの。

「最優秀作品賞」は『嵐電』(鈴木卓爾監督)と『長いお別れ』(中野量太監督)。「最優秀男優賞」には『長いお別れ』の山崎努(※「崎」は正式には「たつさき」)、『嵐電』などの井浦新、「最優秀女優賞」には前だと『長いお別れ』『宮本から君へ』などの蒼井優が選ばれた。

また、本年度最も飛躍した男優、もしくは顕著な活躍をした新人男優を表彰する「最優秀新進男優賞」には成田凌、清水尋也、「最優秀新進女優賞」には岸井ゆきの、シム・ウンギョンが選ばれている。

「第29回映画祭TAMA CINEMA FORUM」は11月23日〜12月1日、多摩市内の3会場にて開催。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)