Hey! Say! JUMP山田涼介、人混みで撮影も気づかれず「山田涼介がいるのに誰も振り向かない」<記憶屋 あなたを忘れない>

Hey! Say! JUMP山田涼介、人混みで撮影も気づかれず「山田涼介がいるのに誰も振り向かない」<記憶屋 あなたを忘れない>

変装ナシで撮影も周りに気づかれなかった山田涼介(C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/12/10】Hey! Say! JUMPの山田涼介が10日、都内で行われた主演映画『記憶屋 あなたを忘れない』(2020年1月17日公開)の完成披露メモリアルイベントに、芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、泉里香、濱田龍臣、平川雄一朗監督とともに登壇した。

◆山田涼介主演映画「記憶屋 あなたを忘れない」

本作は、シリーズ累計50万部を超える織守きょうや氏の小説「記憶屋」を映画化。恋人の記憶を取り戻すため記憶屋探しに奔走する大学生・遼一を山田、遼一の幼馴染・真希を芳根、遼一の記憶だけを失ってしまった恋人・杏子を蓮佛、遼一と共に記憶屋探しをする弁護士・高原を佐々木、高原の助手・七海を泉、記憶を失った彼女に寄り添う高校生・関谷濱田が演じ、映画『ツナグ』やドラマ「天皇の料理番」「義母と娘のブルース」の平川監督がメガホンをとった。

◆山田涼介、人混みで撮影も気づかれず

デートシーンなどの撮影で、お台場や温泉に行ったことを振り返った山田と蓮佛。人混みだったこともあり、山田は「これはさすがにバレるしヤバいんじゃないかな?と思ってたら、全然騒ぎにならなかった」と拍子抜けしたようで、蓮佛も「そう!山田涼介がいるのに、誰も振り向かない…」とキラキラジャニーズアイドルの山田がいるにも関わらず周囲が気づいていなかったことに驚いたという。

「自分まだまだな、と感じた瞬間でした」と語る山田に、蓮佛は「その時にポロッと山田くんが独り言で『いやぁ楽しいね…』って言ってて、『よかったね』と思いました(笑)」と母親目線でコメント。山田は「帽子もマスクもしないでこんなところ歩けるんだ、と思って嬉しかった」としみじみ。最終的に佐々木が「(気づかれなかったのは)役を演じていたからじゃないかな」とフォローしていた。

また、映画の内容にちなんで「2019年の間で消されたくない記憶」「消したい記憶」について話題が及ぶと、山田は消されたくない記憶として、「蔵之介さんがクランクアップの日に日本酒をくださったんですが、とてつもない美味しさで、あの味は忘れたくない」といい、消したい記憶については「芳根さんが現場に手作りクッキーを持ってきてくださったんですが、これまたとてつもなく美味しくて、ごっそり一袋ごと持って帰ったらスタッフさんに『それはないんじゃない?主演と言えど…』と注意されて恥ずかしかった」と照れ笑い。

蓮佛は消したくない記憶として「20番目くらいなんですけど」とした上で、「撮影の合間に山田くんが確か携帯を触っていたかと思うんですけど、突然『鳩ぽっぽ』を歌いだして、笑ってしまったら『なんで笑うんだよ!』と言われて、その5秒後くらいに今度は『およげ!たいやきくん』を歌ったんです。鼻歌レベルだったんですけど、なんてメルヘンな26歳なんだと思って、あれは忘れたくないですね」と暴露。山田は「そんなことあった!?しかも何が悔しいって、20番目くらいなのも悔しい」と嘆き、会場を笑いに包んでいた。

◆映画主題歌は中島みゆき「時代」に決定

イベント中には、最新の予告映像が公開され、主題歌は中島みゆきの「時代」が起用されたことが発表。同曲が映画の主題歌となるのは初。山田は「『時代』という曲が主題歌になったと聞いたときに、なんてこの映画にぴったりの主題歌を持ってきたんだろうと思いました。内容にリンクしているし、悲しさやあたたかさ、映画の良さをより出してくれています。2020年1月17日から公開となりますが、新たな時代の1ページをめくるんだなと思うと嬉しいです」と思いを明かした。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)