三代目JSB山下健二郎は「本当に真っ直ぐな人」監督絶賛 友情出演で“嬉しいしかけ”も<mellow>

三代目JSB山下健二郎は「本当に真っ直ぐな人」監督絶賛 友情出演で“嬉しいしかけ”も<mellow>

山下健二郎(C)2020「mellow」製作委員会

【モデルプレス=2019/12/25】俳優の田中圭が主演を務める映画『mellow(メロウ)』(2020年1月17日公開)より、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの山下健二郎の場面写真が解禁された。

『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』など、オリジナリティ溢れる世界観でファンを魅了する恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と田中が初タッグを組む今作。ヒロインには、岡崎紗絵を迎え、今泉ワールド全開の恋愛群像エンターテインメントが誕生した。

◆山下健二郎“パンバス”の縁で友情出演

山下は、2018年に公開された『パンとバスと2度目のハツコイ』で主演の深川麻衣の相手役・湯浅たもつを熱演。その縁もあり今回友情出演が決まった。

山下と言えば、三代目J SOUL BROTHERSでのイメージが強く、そのパワフルなダンスでファンを魅了しているが、“パンバス”では離婚した元妻を忘れられず、自分の思いに素直になれない男性を演じ、ナチュラルな演技と深川演じる市井ふみとのもどかしい関係がリアルだと共感を集めた。

続く今作では、彼女の恭子と別れ話する川上を演じているが、“パンバス”を見ている今泉ファンには“嬉しいしかけ”もあるそう。

◆山下健二郎は「本当に真っ直ぐな人」

そんな山下について今泉監督は、「ドラマや舞台など、普段の山下さんはアーティストの活動もあると思うのですが、その温度感とは真逆の役柄で、引き算みないなことや、三枚目だったり、ダメな部分も含め、前の現場に続き面白がって演じてくれていました」と明かし「彼は本当に真っ直ぐな人で、今回も出演してくれて嬉しかったです」と出演に歓喜。

それに対し山下は、「今泉監督とは2作目なんですけれど、前作からすごく学ばさせてもらったこともあったので、すんなりその世界観に入ることができました。今回の監督の脚本読むと、今泉ワールドがちりばめられていました。長ゼリフもあったり、苦労した言い回しだったりとかあったんですけど、監督の意図をちゃんと汲み取ってセリフを起こして気持ち作って、楽しくできました」と監督との信頼関係が伺えるコメントを寄せている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)