BTS、吉高由里子&横浜流星W主演「きみの瞳が問いかけている」主題歌を担当 予告映像も解禁

BTS、吉高由里子&横浜流星W主演「きみの瞳が問いかけている」主題歌を担当 予告映像も解禁

BTS(提供写真)

【モデルプレス=2020/07/09】ボーイズグループ・BTSが、女優の吉高由里子と俳優の横浜流星がW主演を務める映画『きみの瞳(め)が問いかけている』(10月23日公開)の主題歌を担当することが決定した。

三木孝浩監督の最新作で、実力と人気を兼ね備えた吉高と横浜が演じる同作は、恋愛映画史を涙で塗り替えるほど、純度の高い「無償の愛」を描いた“純愛”映画。

吉高は不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、明るく健気に生きようとする女性・明香里(あかり)を、横浜はかつて将来を有望視されていたキックボクサーだったものの、過去の事件によって心を閉ざし、今は日雇いバイトで食いつなぐ毎日を送る無口な青年・塁(るい)を演じる。

◆BTS、主題歌を担当

そしてこの度、予告編とポスタービジュアルが解禁された。

さらに、同作を濃密かつドラマチックに彩る主題歌「Your eyes tell」を担当したのは、全米ビルボードをはじめ世界のヒットチャートで1位を席巻するBTS。切ない歌詞と美しいメロディー、そして表情豊かな歌声は、映画の世界観を見事に表現した完全書き下ろしであり同作に感動したメンバーのJUNG KOOKが制作を手掛けている。

「Your eyes tell」は7月15日発売の日本4thアルバム『MAP OF THE SOUL:7 〜THE JOURNEY〜』に収録されている。この類をみないコラボレーションにむけ、BTSからのコメントも到着した。

目の見えない明香里が、罪を犯してキックボクサーとしての夢を絶たれた塁が出会い、互いに距離を縮めるふたりはやがて結ばれる。今回解禁された予告編でも、BTSの書き下ろし楽曲「Your eyes tell」が流れ、そんな明香里と塁の幸せな日々が映し出されている。(modelpress編集部)

◆吉高由里子コメント

いつもニュースで見ていた、BTSさんがこの映画の主題歌を書き下ろしてくださったことに、驚きとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。BTSさんの楽曲が入ったことによって、より映画の世界観に厚みが増し、さらに惹き込まれる素敵な作品になりました。三木監督、横浜流星さん、素敵なキャストの方々、そしてこのBTSさんの楽曲で作られた作品が、たくさんの方々に届いてくれたら嬉しいです。公開まで楽しみにしていてください。

◆横浜流星コメント

ワールドワイドに活躍されている素敵なBTSさんが主題歌を担当、しかも書き下ろしまでして下さるなんて、感謝の気持ちでいっぱいです。僕は作品において音楽はとても大事だと思っています。作品に寄り添うとても素敵な音楽で、余韻に浸れる素晴らしい楽曲ですので、BTSさんのお力をお借りしてこの作品も沢山の方々に観て頂けたら幸せです。

運命に翻弄されながらも、ただ大切な人を想い、宿命に抗いながら愛を獲得する2人の物語を観て、色々なものを感じてもらえたら嬉しいですし、人を愛することの素晴らしさを、この作品を通して伝える事が出来れば良いなと思います。たくさんの方々に届きますように。

◆BTSコメント

僕たちの日本4thアルバムに収録された「Your eyes tell」は映画『きみの瞳が問いかけている』の主題歌です。こんなに素敵な映画に参加できて僕たちもすごくうれしく思っております。メンバーのJUNG KOOKが作曲に参加したバラード曲ですが、映画の美しくて深い愛の世界観を表現しました。

皆さんに聴いていただきたいポイントは、やはり“美しいメロディー”そして“色々大変な中でも君のその瞳が見ている未来には光があると信じている”というメッセージが込められている歌詞です。

僕たちの曲「Your eyes tell」を聴いていただき、公開される映画『きみの瞳が問いかけている』を一緒に観ていただければ、僕たちが楽曲に込めている気持ちを皆さんにも感じ取っていただけると思います。ぜひご期待ください!

◆ストーリー

目は不自由だが明るく愛くるしい明香里(吉高由里子)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜流星)。小さな勘違いから出会った2人は惹かれあい、ささやかながらも掛け替えのない幸せを手にした――かに見えた。

ある日、明香里は、誰にも言わずにいた秘密を塁に明かす。彼女は自らが運転していた車の事故で両親を亡くし、自身も視力を失っていたのだ。以来、ずっと自分を責めてきたと言う明香里。だが、彼女の告白を聞いた塁は、彼だけが知るあまりに残酷な運命の因果に気付いてしまっていた――。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)