織部典成&松井健太、現場でサプライズバースデー「重大発表があると言われて何事かと」<僕が君の耳になる>

織部典成&松井健太、現場でサプライズバースデー「重大発表があると言われて何事かと」<僕が君の耳になる>

松井健太、織部典成(提供写真)

【モデルプレス=2020/08/04】個性派演劇集団「劇団番町ボーイズ☆」のメンバーで俳優・織部典成と、俳優・松井健太が、映画『僕が君の耳になる』(2021年夏公開予定)の撮影現場で、誕生日の祝福を受けた。

◆織部典成&松井健太の誕生日を祝福

8月1日に23歳の誕生日を迎え、サプライズでお祝いされた松井。この日の撮影終了時、スタッフのアナウンスと共に織部が誕生日ケーキを持って登場した。

実は織部も8月18日が誕生日で、同じ8月生まれ。“親友”2人のダブル誕生日祝いとなった。

◆織部典成「たくさんの人に夢や希望を」

織部は「8月18日に20歳の誕生日を迎えます。20歳ではより一層、自覚と責任を持って行動し、たくさんの人に夢や希望を与えられる人になりたいです」と抱負をコメント。「自分が山田孝之さんに憧れてこの業界を志したように、自分も憧れをもたれるようなそんな魅力的な俳優になれるようこれからも精進していきたいと思います」と話した。

◆松井健太「重大発表があると言われて…」

一方、松井は「初めて現場で誕生日をお祝いして頂きました。助監督に重大発表があると言われて何事かと思っていたのですが、バースデーソングと共に織部くんがケーキを運んできてくれました」と回顧。「突然のサプライズに驚きましたが、たくさんの方にお祝いして頂けて幸せでした。23歳最初の1日を最高の形で迎えられたと思います!」と喜んだ。

◆映画「僕が君の耳になる」

織部が主演を務める今作は、平凡な大学生・純平(織部)と同じ学校に通う耳が聞こえない女性・美咲(梶本瑞希)が数々のハードルを越えながら愛を深め、成長していく様子を映し出す人間ドラマ。ボーカル&手話パフォーマンスグループのHANDSIGNによる同名曲が原案となっている。

松井は純平の同級生・満彦役。どんな困難にもまっすぐにぶつかっていく純平をいつも温かく支える親友を演じている。(modelpress編集部)

◆織部典成コメント

撮影は毎日が充実した日々でした。映像より舞台経験のほうが多い僕としては、映画は舞台とは違って台本通りに撮影をしないので、その時の心情を瞬時に使い分けするのが大変でした。出演者の方々のシーンを生で見ていてとても勉強になり、成長できた気がします。

色々な想いを持って今回この作品に挑みました。ろう者の方の気持ちを1人でも多くの方に理解していただけたらなと思います。毎日朝から夜まで撮影していたのでそれが終わってしまって今はとても寂しいです。またどこかで皆さんとお仕事できるようにこれからも頑張りたいと思います。

松井健太くんとは今回の作品で初めましてだったんですが、すぐに意気投合しました。役柄的にも親友だったのでとてもやりやすかったです。休憩中もずっと一緒にいてプライベートからお仕事の話まで色々な話をしました。趣味が同じことが多く、話しながらお互いの口から「わかるわかる」の連呼でした(笑)。今度美味しいご飯屋さんに行こうと約束したので今はそれがとても楽しみです!

8月18日に20歳の誕生日を迎えます。20歳ではより一層、自覚と責任を持って行動し、たくさんの人に夢や希望を与えられる人になりたいです。自分が山田孝之さんに憧れてこの業界を志したように、自分も憧れをもたれるようなそんな魅力的な俳優になれるようこれからも精進していきたいと思います。

もっともっと皆さんの目に届くような活躍ができるよう頑張りますのでこれからも応援よろしくお願いします!

◆松井健太コメント

初めて現場で誕生日をお祝いして頂きました。助監督に重大発表があると言われて何事かと思っていたのですが、バースデーソングと共に織部くんがケーキを運んできてくれました。突然のサプライズに驚きましたが、たくさんの方にお祝いして頂けて幸せでした。23歳最初の1日を最高の形で迎えられたと思います!

その織部くんとは初めてお会いしたのですが、会ってすぐに意気投合しました。劇中では役として、休憩中は友達としてずっと話してました。仲の良さが映像を通しても伝わってくれれば嬉しいです。織部くんが20歳になったらどこのご飯屋さんに連れていこうかな…(笑)。

23歳になりましたが、今までと変わらず1日1日を大切にして日々精進していきます。ミュージカルなどまだ挑戦したことないお芝居のジャンルにも挑戦していきたいです。今後とも応援の程宜しくお願いします!今年もたくさん取材していただけるように頑張るぞ!(笑)

最後に、映画『僕が君の耳になる』、素敵な作品に仕上がっていると思います。私はこの作品を通して知らなかった世界を知ることができました。この映画を通してろう者の方の気持ちを1人でも多くの方に知っていただけたら嬉しいです。来年夏公開予定です。お楽しみに!

◆織部典成プロフィール

2000年8月18日生まれ。大阪府出身。「劇団番町ボーイズ☆」およびダンスヴォーカルグループ「銀河団」のメンバー。劇団公演以外の主な出演作として、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズ山口忠役、サウンドシネマ「深海くんと月影ちゃん」season3の深海くん役など。映画「僕が君の耳になる」は自身にとって映画初主演となる。ま

た、自身が所属するスペシャルユニット“Night Ravens”は、ゲーム「ディズニー ツイステッドワンダーランド」のオープニング主題歌を担当。

◆松井健太プロフィール

1997年8月1日生まれ。東京都出身。テレビドラマ「幽かな彼女」石田航役、「怪奇恋愛作戦」神楽育朗役、「そして、ユリコは一人になった」進藤あきら役、 舞台「五右衛門マジック」平賀源大役など役者として活躍のほか、雑誌「FINEBOYS」で専属モデルをつとめる。橋本根大監督「サファイア」が公開待機中。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)