人気コミック「胸が鳴るのは君のせい」実写映画化決定 “共感必至の青春ラブストーリー”主人公演じるのは?

人気コミック「胸が鳴るのは君のせい」実写映画化決定 “共感必至の青春ラブストーリー”主人公演じるのは?

「胸が鳴るのは君のせい」より(C)紺野りさ/小学館

【モデルプレス=2020/09/13】少女漫画家・紺野りさ氏の人気コミック『胸が鳴るのは君のせい』が13日、実写映画化されることがわかった。紺野氏らがコメントを寄せた。

◆紺野りさ氏原作「胸が鳴るのは君のせい」

原作は「ベツコミ」(小学館)にて『AM8:20、はつこい』を連載中の紺野氏が生んだ、全5巻にして累計発行部数250万部突破の大ヒット少女コミック。転校生の有馬隼人と、有馬を一途に思い続ける篠原つかさが繰り広げる王道の青春ラブストーリーとなっている。

親友のように仲がいい友達への片思いが描かれた物語は、瞬く間に読者の心を掴み、人気を獲得。つかさが真っ直ぐ恋に立ち向かい続ける姿はもちろん、友達に恋をしたからこそ生まれる“不意打ちのトキメキ”、そして有馬とつかさを軸に展開される登場人物たちの不器用な恋模様は“リアルな共感”を呼び、連載終了を迎え月日が経った今も青春ラブストーリーの決定版として愛され続けている。

◆原作者・紺野りさ、歓喜「キャストは…」

今回の実写映画化について、原作者の紺野氏は、「実写映画化決定のお話を最初に聞いた時は震えが止まりませんでした!まさか自分の人生にこんなスペシャルな大事件が起きようとは、正直今もまだ夢見心地です」と歓喜。

さらに「原作者特権でキャストの方をすでに知っているのですが、涼しげな目元が爽やかな凄まじいイケメンさんと、快活な笑顔がとてつもなく可愛い女優さんに演じて頂けることになっています」とコメント。

続けて「有馬とつかさのイメージそのもの!!なので、『胸きみ』を好きになってくださったファンの皆様はもちろん沢山の方に楽しみにして頂けたら嬉しいです」と太鼓判を押した。(modelpress編集部)

◆木村元子プロデューサーコメント

「好き」のパワーってすごい。『胸きみ』と初めて出会った時、登場人物たちがそれぞれの想いを胸に日々を駆け抜けていく疾走感に感動しました。紺野先生の世界観を大切に、実写ならではの『胸きみ』をお届けできればと思っています。奇跡のキャストもお楽しみに!

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)