舘ひろし、映画で山本五十六役 俳優人生初の丸刈りで挑む

舘ひろし"アルキメデスの大戦"で山本五十六演じる 主演・菅田将暉 原作・三田紀房氏

記事まとめ

  • 舘ひろしが映画「アルキメデスの大戦」で山本五十六を演じていることが明らかになった
  • 同作は山崎貴監督が「永遠の0」以来の第二次世界大戦を描く、三田紀房氏漫画の映画化
  • 主演は菅田将暉、ほか橋爪功、國村隼、小林克也、小日向文世ら出演、公開は2019年夏

舘ひろし、映画で山本五十六役 俳優人生初の丸刈りで挑む

舘ひろし、映画で山本五十六役 俳優人生初の丸刈りで挑む

映画『アルキメデスの大戦』(2019年夏公開)で俳優人生初の丸刈り頭で出演する舘ひろし(C)2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 ?三田紀房/講談社

俳優の舘ひろしが、山崎貴監督の最新作で菅田将暉が主演を務める映画『アルキメデスの大戦』に出演し、日本で最も有名な軍人・山本五十六を演じていることが明らかになった。長い俳優人生で初めて髪を丸刈りにし撮影に臨んだ舘は「役の為に髪を短く切ってほしいとお願いされた時も、やぶさかでなく、すごく嬉しかったです。第二次世界大戦前の少し若い時代を演じるということで、いろいろな文献を読み直し、数々の名優が演じられてきたものと、またちょっと違う山本五十六を意識して演じました」と自信を込めている。

 同作は、山崎監督が『永遠の0』以来、再び第二次世界大戦を描くもので、三田紀房氏の同名人気漫画の映画化。物語は1930年代の日本が舞台で、対米開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦“大和”を建造し、日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。その計画に反対する海軍少将・山本五十六(舘)は、帝国大学100年に1人の逸材、アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直(菅田)を引き入れる。櫂直は数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる建造費の見積額に矛盾を発見し、軍部の陰謀を暴こうとする。

 出演は、「戦艦大和」の建造案を作った張本人であり、櫂直や山本五十六と対立する造船中将・平山忠道役を田中泯、櫂直に想いを寄せる造船会社の社長令嬢・尾崎鏡子役を浜辺美波、櫂直と共に「戦艦大和」建造計画阻止に奔走する海軍少尉・田中正二郎を柄本佑がそれぞれ演じる。

 そのほか、橋爪功、國村隼、小林克也、小日向文世など、豪華俳優陣が出演し、まさに日本映画界を支える名優たちによる“オールスター共演”が実現する。7月中旬〜9月中旬までの2ヶ月間、猛暑と戦いながら、撮影が行われた。2019年夏に全国で公開。

■舘ひろしコメント全文
 山本五十六という大きな役をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。男子ならばやはりやってみたい役だと思います。役の為に髪を短く切ってほしいとお願いされた時も、やぶさかでなく、すごく嬉しかったです。第二次世界大戦前の少し若い時代を演じるということで、いろいろな文献を読み直し、数々の名優が演じられてきたものと、またちょっと違う山本五十六を意識して演じました。
山崎貴監督とは是非ご一緒したいと思っており、今回、念願が叶いました。映画のリズムに合ったものを撮れるまでしっかり粘る姿は、勉強になりましたし、久しぶりに映画の現場らしい現場を見た気がして楽しかったです。
撮影で特に印象に残っているのは、映画のクライマックス、海軍のトップ陣が戦艦大和をかけてぶつかる合う大会議のシーン。菅田将暉くんは、数学的な長いセリフを機関銃のような勢いで話し、かつ、黒板に数式を書きながらそれをやってのけ、圧巻でした!撮影のカットがかかった瞬間、思わず拍手してしまった程です。また、この豪華なキャストの皆さんはやはり素晴らしく、会議での大舌戦は迫力がありましたね。映画を是非、楽しみにしていてください。

関連記事(外部サイト)