岩田剛典、人生で一番泣けた瞬間は“三代目”合格発表「涙がドバーッと出た」

岩田剛典、人生で一番泣けた瞬間は“三代目”合格発表「涙がドバーッと出た」

「人生で一番泣けた瞬間」を振り返った岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.

人気グループ・EXILE/三代目 J Soul Brothersの岩田剛典と女優の杉咲花が26日、都内で行われた映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』公開直前イベントに出席。作品の内容にちなみ「今までの人生で泣きそうになるくらい感動したエピソード」を語ることになり、岩田は「人生で一番泣けた瞬間は、(三代目 J Soul Brothersで)デビューが決まった時」と明かした。

 当時の記憶が鮮明に残っているという岩田は「オーディションの時は肉体的にも精神的にも追い込まれていて。HIROさんからオーディション合格の発表があり、今まで張り詰めていた緊張が解けた瞬間だった。いきなり、涙がドバーッと出た」と振り返った。

 一方、杉咲は本作の撮影クランクアップの時だそうで「岩田さんとクランクアップは別々だったのですが、後から聞いた話によると岩田さんが私のクランクアップの日に時間が合えば、現場に駆けつける予定だったそうで。それを聞いてうれしくて、なんて優しいすてきな方々が現場に集まっていたんだろう」としみじみ。

 これを聞いて岩田は「(当日は)間に合わなかったんですよね…。間に合ったら格好よかったかもしれない。こればかりは仕方がない」と笑わせた。

 この日は劇中の主題歌を担当しているダンス&ボーカルグループ・E-girlsも登壇し、「Perfect World」をメディアの前で初披露して会場を盛り上げた。

 映画の原作は、有賀リエ氏の漫画『パーフェクトワールド』。主人公・つぐみ(杉咲)は、高校の先輩であり、初恋の相手でもある樹(岩田)と偶然再会する。爽やかな高校時代の思い出とともに、当時伝えられなかった想いがよみがえるつぐみが目の当たりにしたのは、車イス生活によりさまざまな壁が立ちはだかるも、夢を諦めずに立ち向かう樹の姿で、再び樹へ恋心を募らせるラブストーリー。10月5日より公開。

関連記事(外部サイト)