山田裕貴&齋藤飛鳥、クランクアップに感涙 映画『あの頃、君を追いかけた』

山田裕貴&齋藤飛鳥、クランクアップに感涙 映画『あの頃、君を追いかけた』

涙のクランクアップを迎えた(左から)山田裕貴、齋藤飛鳥

俳優の山田裕貴、乃木坂46の齋藤飛鳥が共演する映画『あの頃、君を追いかけた』(10月5日公開 長谷川康夫監督)のクランクアップコメント動画が28日、解禁された。最後のシーンとなった台湾ロケ後、涙ながらにあいさつする2人の様子が収められている。

 同作は、台湾の作家ギデンズ・コー氏が自伝的小説を自ら映画化し、国内で社会現象を巻き起こした青春映画をリメイク。お調子者の高校生・水島浩介(山田)と、浩介の“お目付け役”に任命されたクラス一の優等生・早瀬真愛(齋藤)のほろ苦いラブストーリー。松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介といった旬の若手俳優たちも名を連ねている。

 ねぎらいの拍手と花束が贈られた主演の山田は「ダメだ、泣いちゃう…」と瞳を潤ませつつも「キャスト、スタッフの皆様も支えて頂きありがとうございました」と感謝。今作で映画初出演を飾った齋藤は「私が足を引っ張ってしまった事もあるかもしれないんですけど、今は皆さんと会えなくなるのが寂しいです」と涙を浮かべながら「お芝居にも興味を持て、すてきな機会を得られて幸せでした」と語り、充実感をにじませていた。

関連記事(外部サイト)