バイきんぐ小峠、初声優も起用に疑問「頭皮でキャスティングされた」

バイきんぐ「夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜」舞台あいさつに出席 ほか高良健吾ら

記事まとめ

  • バイきんぐが「劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜」の初日舞台あいさつに出席した
  • 同アニメは緑川ゆき氏の「月刊LaLa」同名漫画が原作、妖たちや祓い屋との交流を描く
  • ほか声優・神谷浩史、井上和彦、ゲスト声優の俳優・高良健吾らがイベントに登壇した

バイきんぐ小峠、初声優も起用に疑問「頭皮でキャスティングされた」

バイきんぐ小峠、初声優も起用に疑問「頭皮でキャスティングされた」

人気アニメシリーズ『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』の初日舞台あいさつに出席したバイキングの小峠英二(左)と西村瑞樹

お笑いコンビ・バイきんぐが29日、都内で行われた人気アニメシリーズ『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』の初日舞台あいさつに出席。人気声優・神谷浩史、井上和彦、ゲスト声優の俳優・高良健吾らと肩を並べながら封切りを喜んだ。

 同アニメは、緑川ゆき氏の同名漫画(白泉社『月刊LaLa』連載)が原作。小さい頃から、他の人には見えない妖(あやかし)を目に映すことができる夏目貴志が、亡き祖母レイコから受け継いだ「友人帳」をめぐり、ニャンコ先生/斑(CV:井上和彦)をはじめとする妖たちや祓い屋たちとの優しく、時に切ない交流を描く。アニメシリーズは2008年から17年の第6期まで継続され、今回の劇場版では、原作者監修による完全新作のオリジナルエピソードが描かれる。

 今作で初声優を飾ったバイきんぐ。小峠英二は、壁の中が好きな妖怪「もんもんぼう」を演じ「初めての声優。何で僕らにこの仕事が来たんだろう」と首を傾げながら「(キャラクターを見たら)ハゲてるからだと。頭皮でキャスティングされた!」と、どこか腑に落ちない表情。相方・西村瑞樹は「六本腕」という名前の通り腕が六本ある妖怪を演じた。

 舞台あいさつにはそのほか、小林沙苗、堀江一眞、佐藤利奈、島本須美が出席。ゲスト声優として「津村椋雄」を演じた高良は「俳優が声優をやらせて頂くことに思うことはあるけど、この作品に自分が俳優として参加できるなら意味があるのかな。普段の仕事だと人がいたり、景色があるけど(声優は)制限が多くて孤独な作業だなと。でも本当に楽しませていただきました」と話していた。

関連記事(外部サイト)