春本雄二郎監督、『由宇子の天秤』ベルリン国際映画祭参加

春本雄二郎監督、『由宇子の天秤』ベルリン国際映画祭参加

『第71回ヘ?ルリン国際映画祭』ハ?ノラマ部門に出品される『由宇子の天秤』(春本雄二郎監督) (C)2020 映画工房春組

女優の瀧内公美が主演、春本雄二郎監督最新作『由宇子の天秤』(9月より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開)が『第71回ベルリン国際映画祭』パノラマ部門に出品されたことを受け、春本監督、本作のプロデューサー・片渕須直氏(『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』監督)、出演の梅田誠弘が、ドイツ・ベルリンの会場入りすることが決定し、コメントが到着した。

 ヨーロッパ最大の映画産業都市で行われるベルリン国際映画祭は、カンヌ国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭の1つとして知られ、国内外が注目する歴史ある映画祭。今年は、新型コロナウィルス感染拡大防止の影響で3月と6月の2回に分散して開催された。

 3月はオンラインでの実施となったが、6月(9日〜20日※現地時間)は、16の屋外会場で126作品を上映することが決定。『由宇子の天秤』はこれまでに11の海外映画祭に出品されてきたが、今回、念願の現地入りを果たすことになった。17日午後9時45分〜(現地時間)ハーゼンハイデ国立公園にあるFreiluftkino Hasenheideにて上映される。

 ベルリン国際映画祭<パノラマ部門>は、世界各国から集められた良作かつ現代社会を独自の視点で切り取った作品を数多く選出することで有名で、近年の日本映画では『予兆/散歩する侵略者 劇場版』(2017年/黒沢清監督)、『リバーズ・エッジ』(18年/行定勲監督)、『37seconds』(20年/HIKARI監督)などが選ばれている。

 本作主人公は、女子高生自殺事件を追うドキュメンタリーディレクターの由宇子(瀧内)。事件の真相に迫るなか、父の政志からある衝撃的な事実を聞かされ、究極の選択を迫られるストーリー。“正しさ”とは一体何なのか? 情報化社会を生きる私たちが抱える問題や矛盾を真正面から炙り出す。

 現地入りに向けたコメントは以下のとおり。

■春本雄二郎監督
 コロナ禍により、昨年から幾度も日本から見守ることしかできなかった海外国際映画祭。今作初の現地参加が、世界三大映画祭の1つであるベルリナーレで叶うことに深い喜びを感じています。この幸運に、スタッフ、キャスト、協力して下さった全ての皆様に、改めて感謝をしたいと思います。

 ご自身の新作を制作されている中、貴重なご助言を下さっている片渕須直プロデューサー、長年苦楽を共にして来た梅田誠弘とともに、作品の代表として、映画が国境、文化、社会を超える瞬間にしっかりと立ち会い、また、全作品野外上映、全観客の24時間以内の陰性証明もしくはワクチン接種完了という形で映画祭を実現した運営の方々の想い、日本のいまと比較して、この映画祭の意味を見つめてきたいと思います。

■片渕須直プロデューサー
 私にとって初プロデュース作品です。そして、春本監督の活躍で各国映画祭での上映・受賞が続いている映画であるのに、コロナ下にあってこれまでどの映画祭にも出向くことが出来ませんでした。今回こそは、ベルリンの空の下、野外スクリーンに映る『由宇子の天秤』の姿を見守って来たいと思います。

■梅田誠弘
 ベルリン国際映画祭に選出されたことを知らされてから『由宇子の天秤』が上映される姿をずっと想像してきました。映画祭へ参加できること、本当にうれしく思います。『由宇子の天秤』の勇姿を見届けると共に、ベルリン国際映画祭という世界屈指のイベントが映画というものに持つ価値を学んで来たいと思います。

関連記事(外部サイト)

×