林遣都、中川大志への“熱いリスペクト”語る「頼もしくて男らしい」

林遣都、中川大志への“熱いリスペクト”語る「頼もしくて男らしい」

『犬部!』初日舞台あいさつに出席した(左から)林遣都、中川大志 (C)ORICON NewS inc.

俳優の林遣都(30)、中川大志(23)が22日、都内で行われた映画『犬部!』の初日舞台あいさつに出席した。

 ノンフィクション作家・片野ゆか氏による『北里大学獣医学部 犬部!』を原案とした今作は、“犬部”の若き獣医学生たちの奮闘の日々と、卒業から16年後、成長した彼らの絆と葛藤を描く。

 劇中で同級生を演じた林と中川。撮影当時を振り返った林は「毎日が楽しかった」と満面の笑みを浮かべると「久々に青春を味わえた感じで、皆さんと一緒で楽しかったですし、ワンちゃんたちに毎日囲まれながら…。あの日々をもう一回経験したいくらいです」としみじみ。

 一方で中川は「外で具合が悪くなって倒れてしまうシーンがありまして、あれは真冬の夜という設定でしたが、当日は真夏の夜で…。めちゃくちゃ暑いなか、ダウンを着て外で倒れるという撮影でした」と告白。苦労をにじませつつ「犬たちが心配して囲んでくれる。四方八方犬まみれで、犬好きの僕にとってはたまらない経験でした。でもすごい暑かったです(笑)」と、はにかみながら明かした。

 撮影合間には「(中川と)ずっと作品、役の関係のことを話し合っていた」という林。改めて中川の印象を問われると「7歳くらい年齢が下なんですけど、すごく頼もしくて、男らしくて、責任感が強くて、今でも『自分もしっかりとしなきゃ』と思わされる存在。そして動物に対する愛情も持っている」と、リスペクトの思いを口にしていた。

 舞台あいさつにはそのほか、大原櫻子(25)、浅香航大(28)、篠原哲雄監督(59)が出席し、竹中雄大(Novelbright/25)が主題歌「ライフスコール」を生歌で披露。劇中で登場した動物たちも駆けつけた。

関連記事(外部サイト)