『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』劇中で亀田の柿の種をもぐもぐ!?

『ワイルド・スピード』最新作に亀田製菓の柿の種 キャラクターポスターにも登場

記事まとめ

  • シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』が6日に公開される
  • サン・カン演じるハンはスナック好きで知られ、最新作には亀田製菓の柿の種が登場
  • すでに解禁されているキャラクターポスターにも柿の種が登場している

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』劇中で亀田の柿の種をもぐもぐ!?

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』劇中で亀田の柿の種をもぐもぐ!?

キャラクターポスターにもちゃっかり亀田製菓の<亀田の柿の種>とともに映り込んでいたハン(サン・カン)(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

常識に囚われず度肝を抜くアクションを繰り広げてファンを魅了する“ワイスピ”シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』が、今週6日に公開される。本作には、第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年)で敵の策略により命を落としたと思われていたハンが、実は生きていたことが判明し、ドミニクたちファミリーのもとにカムバック。本日は、ハンがかつての愛車を彷彿とさせるオレンジカラーのスープラに乗り、うっとりするようなキレッキレのドリフトテクニックを披露。さらに、総合格闘技界のトップ選手、フランシス・ガヌー演じる敵と大乱闘する本編映像が解禁となった。

 サン・カン演じるハンは、今作でもメガホンを取ったジャスティン・リンが初めて「ワイルド・スピード」シリーズの監督を務めた第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』で初登場。東京のアンダーグラウンド・ドリフトレースを裏で取り仕切る存在でありながら、スナック菓子が大好きで飄々としたクールなキャラクターがファンの注目を浴びた。その後に公開された同作以前のエピソードを描いた第4作『ワイルド・スピードMAX』(09年)から第6作『ワイルド・スピード EURO MISSION』(13年)までの間、ドミニクたちと共にファミリーとして活躍、その人気は不動のものになっていく。

 7年ぶりにハンを演じることになったことについてサン・カンは「今回はアクションにも参加するから、肉体的にもハンを作り上げなければならなかった。このようなアクション映画は肉体的にものすごくキツい、ということは経験上、わかっていたことなので、体をしっかり鍛えて臨まないといけないことは自覚していた」とカムバックに向けて着実に準備を重ねてきたことを明かした。

 さらに本映像にも敵役で出演したフランシス・ガヌーとのファイトシーンは最もエキサイティングだったそうで「僕はUFC(アルテミット・ファイティング・チャンピオンシップ)のファンで、本物のファイターと一緒に撮影して、彼の動きを目の当たりにでき、彼からいろいろ学ぶことができる機会にとても興奮した。実際には1秒で僕を倒すことができるようなファイターと1対1で喧嘩できる機会に恵まれて大喜びだった」と刺激的な撮影となったことを、うれしそうに語ってたという。

 そんなハンはクールな雰囲気とは一転、大のスナック好きとしても知られており、これまで登場したシリーズでも常におやつを片手にもぐもぐしているところも魅力のひとつ。華麗な大復活を果たした最新作では、なんと東京に潜伏していたということから、日本を代表するお菓子といっても過言ではない亀田製菓の<亀田の柿の種>を食べていることが発覚! すでに解禁されているキャラクターポスターにもちゃっかり亀田製菓の<亀田の柿の種>とともに映り込むお茶目なハンの姿を確認することができる。実際に食べているシーンは劇場で!

 解禁された映像は、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』でも登場したかつてのハンの愛車、マツダRX-7ヴェイルサイド フォーチュンを彷彿とさせるオレンジと黒のボディーカラーをまとった、トヨタのA90 スープラにミア(ジョーダナ・ブリュースター)と共に乗り込み、華麗にドリフトテクニックを披露するシーンから始まる。

 スープラに搭載された磁力装置を巧みに使い、エル(アンナ サワイ)が捉えられている武装集団の装甲車へと潜入、ハンが先制攻撃をしかけると瞬く間に車内では大乱闘の場に! これまで幾多の死闘をくぐり抜けてきたファミリーとあって、不利な状況にも怯まないハンの機転で、磁力パワーと時限爆弾のスーパーコンボで見事に敵の一人を撃破する。果たしてエルを無事に救い出すことは出来るのか…。普段はクールで落ち着いた佇まいのハンが、鬼の形相で武装集団と肉弾戦を展開する姿やキレッキレのドリフトテクニックを見せる姿を劇場の大スクリーンで観たら、心をブチ抜かれること間違いなし。

関連記事(外部サイト)