萩原みのり、3年ぶり主演映画『成れの果て』公開決定 小演劇界の話題を席巻した戯曲が原作

萩原みのり、3年ぶり主演映画『成れの果て』公開決定 小演劇界の話題を席巻した戯曲が原作

萩原みのり、3年ぶり単独主演映画『成れの果て』12月3日より新宿シネマカリテ(東京)ほか全国で順次公開 (C)2021 M×2 films

『街の上で』『花束みたいな恋をした』『佐々木、イン、マイマイン』『アンダードッグ』など、数多くの話題作に出演し、2020年以降では実に10本を数える女優・萩原みのりが、『お嬢ちゃん』以来3年ぶりに単独主演を務める映画『成れの果て』が、12月3日より新宿シネマカリテ(東京)ほか全国で順次公開されることが明らかになった。

 本作は、劇作家・映像作家マキタカズオミが主宰する劇団「elePHANTMoon」が2009年に上演した同名戯曲が原作。上演されるやいなや、出演者の鬼気迫る演技と巧みなシナリオが評判を呼び、2009年度サンモールスタジオの最優秀脚本賞を受賞した。当時の小演劇界の話題を席巻した傑作が、12年の時を経て映画でよみがえる。

 萩原が演じるのは、8年前のある事件によって心に傷を負い、上京した小夜。その事件に関わった男性が自分の姉と婚約したことを知り、居ても立っても居られず帰郷。彼女の過激な行動と言動は、周囲の人々をも巻き込み、それぞれの隠された人間性をえぐり出してゆく。

 共演は、『千と千尋の神隠し』の千尋役をはじめ、数々の映画やドラマ、アニメで活躍する柊瑠美、『あの頃。』『21世紀の女の子』などに出演した木口健太、『カメラを止めるな!』のヒロイン役で話題となり、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』など、テレビドラマでも活躍中の秋山ゆずき、『全裸監督』『来世ではちゃんとします』などでの個性的な佇まいが話題の後藤剛範など。

 監督は、『gift』『恐怖人形』など、数多くの映画やテレビドラマの演出を手がける宮岡太郎。かつてリアルタイムで舞台「成れの果て」を観て衝撃を受けた彼が、自主製作映画として完成させた。

関連記事(外部サイト)