『ロン 僕のポンコツ・ボット』衝撃的(!?)な出会いのシーン本編映像

『ロン 僕のポンコツ・ボット』衝撃的(!?)な出会いのシーン本編映像

『ロン 僕のポンコツ・ボット』(10月22日公開)(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

20世紀スタジオ製作、英ロックスミス・アニメーションの新作映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』(10月22日公開)より、友達のいない少年バーニーのもとに、念願の最新式デバイスBボット“ロン”が届き、衝撃的(!?)な出会いをする本編映像が解禁となった。

 同映画は、ネット、写真、通話、TV、ゲーム、音楽などあらゆるデジタル機能に加えて、持ち主にピッタリな友達も見つけ出してくれる夢のような最新式のロボット型デバイス<Bボット>と暮らす世界を舞台に、ローディングに異常に時間がかかり、オンラインにも接続できず、友達探しをすることもできないポンコツっぷりを見せるロンと、孤独な少年バーニーが<本当の友情>を探すハートウォーミングな冒険を描く。

 バーニーのもとに念願のBボットが届き、ワクワクしながら起動させるも、最新式デバイスのはずが変な音を出しながら小刻みに振動し起き上がったロン。ようやく起動したかと思えば、目の位置がおかしく、手もずれ落ちてしまうなど、早くもそのポンコツっぷりを見せつけられたバーニーだったが、「僕のBボット! ほら、つながるベストフレンド!」とようやく自分にも親友ができる、と希望に満ちあふれた声と表情で喜んだのも束の間、バブルネットと呼ばれるネット環境に接続されていないために名前の登録すらまともにできない。

 「ボクをバブルネットにつないで!」というロンのお願いに対してバーニーが「どうしたらつながるの?」と困っていると、ロンは続けて「ノープロブレム! どうしたらいいのかデータベースで調べてみる」と最新式デバイスとしての機能を披露するかと思えば、目をクルクルと回転させて導き出した答えが「質問の答えはバブルネットにあります」となんとも憎たらしくもあり、そのビジュアルも相まって、どこか愛らしいロン。

 映像の終盤には、最新型デバイスとは到底思えないロンのポンコツっぷりに肩を落とすバーニーに畳みかけるように「ボクをバブルネットにつないで、登録ユーザー名」と話しかけ、「それ僕の名前じゃない、やめてくれる?」とご機嫌ナナメなバーニー。彼の気持ちなんて全く意に介さず「ノープロブレム。ボクのデータベースから名前を選んで」とアルファベットのAから始まる名前を列挙していくロン。アブサロムという名前に反応してしまったバーニーはロンの中でアブサロムと認識されてしまうコミカルなシーンもある。ロン&バーニーはこの後どうなっていくのか、気になる映像となっている。

関連記事(外部サイト)