『ソー:ラブ&サンダー』本予告 たくましくビルドアップされたナタリー・ポートマンの二の腕に注目

『ソー:ラブ&サンダー』本予告 たくましくビルドアップされたナタリー・ポートマンの二の腕に注目

マーベル・スタジオ映画『ソー:ラブ&サンダー』7月8日公開 (C)Marvel Studios 2022

マーベル・スタジオ映画『ソー:ラブ&サンダー』(7月8日公開)の最新映像満載の本予告編&ポスターが全世界同時解禁となった。

 舞台は 『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界。激闘の末、銀河一の落ちこぼれチーム、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間達と宇宙へ旅立ったソーは、多くの仲間を失い、いつしか戦いを避けるようになっていた。ブヨブヨに太った体をシェイプするも未だ自分探しに迷ソー中だった彼の前に、神々の殲滅を目指す最強最悪の敵”神殺し“ゴアが現れる。

 そのゴアを演じるのが『ダークナイト』のバットマン役をはじめ、ヒーローから悪役まで幅広い演技で注目を浴びるオスカー俳優クリスチャン・ベール。もはやクリスチャン・ベールには見えないほどの衝撃的なビジュアルと異様な雰囲気を醸し出し、ただならぬ宿敵となる予感たっぷり。ゴアにソーと新たな王となったヴァルキリーが応戦するが、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。

 そんな中、救世主が現れる。なんとソーのコスチュームに身を包んだ“マイティ・ソー”こと元恋人のジェーンだった。シリーズ2作目以来の再登場となるジェーンを演じるのはオスカー女優ナタリー・ポートマン。『ブラック・スワン』の華奢なイメージを一新する、たくましくビルドアップされた上腕から繰り出す激しいアクションに、期待は高まるばかり。

 選ばれしヒーローにしか持つことができないはずのムジョルニアを武器に豪快に戦い、まじめな天文学者からヒーロー、その名も“マイティ・ソー”にキャラ変した元カノの登場にソーも仰天。「8年7ヶ月と6日ぶり」と日数を数えるほどの未練タラタラぶりをみせつけ、至ってクールな対応をされようとも内心は大喜びぶりが隠しきれずニヤケ顔が止まらない。ソーは、浮き立つ気持ちを抑えながらマイティ・ソーの協力を仰ぎ、最大の敵ゴアを倒すためタッグを組む。

 デビュー戦に向けて意気揚々と構えるマイティ・ソーと、ヒーローとして先輩面をするソーの微笑ましいやり取りから、2人の稲妻が炸裂するダイナミックな”神バトル“まで、彼らが織りなすコンビネーションに注目だ。

 さらに、ラッセル・クロウ演じる神ゼウスも登場し、彼の仕業でなぜかソーが全裸に!? 全く展開のみえない大混乱の戦いで、ソー&マイティ・ソーは、”愛“と”雷“の力によってゴアを倒し世界を救うことができるのか!?

 本作は、全7種のラージフォーマットが決定。2D(字幕、吹替)、ドルビーアトモス(2D字幕)/ドルビーシネマ(3D字幕)に加え、驚くほどの高品質な映像と音響を極めたIMAX(3D字幕)、映画のシーンに合わせて席が動き、風や水などの特殊効果が繰り出されるアトラクション型の4DX(3D吹替)/MX4D(3D吹替)で、2人の雷神による破壊力2倍の神バトルを”全身“で楽しんでほしい。

関連記事(外部サイト)