映画『トップガン』新作公開、座席は「F-14」「F-18」で鑑賞する人続々

映画『トップガン』新作公開、座席は「F-14」「F-18」で鑑賞する人続々

『トップガン マーヴェリック』新ポスタービジュアル(C)2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

トム・クルーズの主演映画『トップガン マーヴェリック』が27日に公開された。多くのファンが劇場へ足を運ぶ中、シリーズを通して映画に登場する戦闘機「F14」「F18」にちなみ、ファンの間では映画館の座席「F-14」「F-18」を選ぶ声があがっている。

 1986年公開の映画『トップガン』は、アメリカ海軍パイロットのエリート養成学校、通称“トップガン”に所属するエースパイロット候補生の挫折と栄光の日々を、戦闘機による迫力のアクションで描いたストーリー。トムがF-14戦闘機のパイロット・マーヴェリックを演じた。

 新作の『トップガン マーヴェリック』は、手に汗握るスカイ・アクションの圧倒的な迫力はもちろん、養成学校の教官となっているマーヴェリックの“現在”が描かれ、若きトップガンたちが立ち向かうミッションを通して、熱い人間ドラマを描き、撮影ではF-18戦闘機(F/A-18)が使用された。

 戦闘機「F-14」「F-18」はファンの間で大切なワードであり、今回の新作映画公開にネット上では「F-14かF-18取りたかったけど偶数席は密の関係で取れないためF-15で取った」「トップガン見るなら座席はF-14かF-18なんだよなぁ」「座席のシートをF14もしくはF18にした人は正直に手をあげてください。」「座席はもちろんF-18」「席は狙ってF-14で。F-18にしようか迷ったけど」などと反応。劇場の座席番号は「F-14」「F-18」にして鑑賞した声が多くあがっている。

関連記事(外部サイト)