米倉涼子&加藤浩次、完結迎えるアベンジャーズに「信じられない気持ち」

『アベンジャーズ/エンドゲーム』シリーズ完結に、米倉涼子「信じられない気持ち」

記事まとめ

  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』吹替の米倉涼子と加藤浩次が勝利祈願イベントに出席
  • 今作で完結する同シリーズに米倉は、「信じられない気持ち」と思いをはせていた
  • アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーたちが逆襲を開始し、シリーズ完結を迎える

米倉涼子&加藤浩次、完結迎えるアベンジャーズに「信じられない気持ち」

米倉涼子&加藤浩次、完結迎えるアベンジャーズに「信じられない気持ち」

アベンジャーズに期待を寄せていた(左から)加藤浩次、米倉涼子 (C)ORICON NewS inc.

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』(4月26日公開)でブラック・ウィドウ役の吹替を務める女優・米倉涼子とロケット役のお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が11日、東京・神田明神で行われた同映画の勝利祈願イベントに出席。今作で完結する同シリーズに米倉は「信じられない気持ち」と思いをはせていた。

 加藤も「桜が葉桜になってしまうように、アベンジャーズも終わるんだなと。複雑な気持ちでございます」と季節にあわせたコメントで笑いをとり、米倉は「せっかくたくさんのヒーローが集まって、終わりきれないです」と話していた。

 完結を迎えたアベンジャーズだが、今後について米倉は「続いていくんじゃないかなと期待してます。新アベンジャーズができるんじゃないですか」とし、加藤も「難しいとは思うんですけど、アベンジャーズではない形になるんじゃないかな。どういった形になるか、僕自身もすごい楽しみです」と期待を寄せていた。

 どんな作品になるか米倉に振られた加藤は“アベンジャーファーム”と答え「全員で農場をやって幸せな時間を過ごしましょう」と戦いに追われたヒーローたちの憩いの場となる作品を希望していた。

 前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)で、最強を超える敵“サノス”によって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命は、半分に消し去られてしまった。失われた35億人の人々と仲間を取り戻す方法はあるのか。わずかな希望を信じて集結したアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーたちに残されたのは最強の絆だけ。“今はここにいない”仲間のために、最大の逆襲を開始し、同シリーズの完結を迎える。

関連記事(外部サイト)