『キングダム』監督「『山崎賢人でやる』プロジェクト」 主演起用はプロデューサーの決定事項

『キングダム』監督「『山崎賢人でやる』プロジェクト」 主演起用はプロデューサーの決定事項

映画『キングダム』日本外国特派員協会会見に出席した佐藤信介監督 (C)ORICON NewS inc.

映画監督の佐藤信介氏が16日、都内で行われた映画『キングダム』(19日公開)日本外国特派員協会会見に出席。主人公・信役に山崎賢人を起用したことについて「事実を言うと、山崎賢人が出演することは僕のチョイスではなく、プロデューサーが決定していたこと。『山崎賢人をこれでやる』というプロジェクトだったので…。それを言ってしまうと元も子もないのですが」と笑いながら明かした。

 そんな山崎は同作のほか、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』など数多くの漫画実写の映画に出演してきた。「役者さんは色んな役を演じているので、今までの役とは全然違うキャラクターだったりと、ここ(『キングダム』の各キャラクター像)を作っていくのが大変だったところだった」と説明。

 「(山崎は)非常にスマートで熱量が高い方だったので、『あーでもないこーでもない』と結構話し合って作った。まるで昔からこういう役をやっていたのではと感じるくらい、すごく馴染んでいたと思います」と伝えた。

 そのほかのキャストについては「各キャラクターが際立っていると言いますか、それぞれ色濃く持っているので、それを打ち出せる構成、世界観を持っている人を選びたい考えはあった。今までの役柄と全然イメージが違うのですが、その風貌に惚れて選んだ方もいます」と明かした。

 同作は、紀元前の中国、春秋戦国時代を舞台に、西方の国・秦で天下の大将軍になることを目指して剣の修業に明け暮れる戦災孤児の少年・信と、後の秦の始皇帝となり中華統一を目指す若き王・エイ政の活躍を描いた物語。原作は2006年1月から『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載中で、コミックス53巻までの累計発行部数が3800万部を突破する人気となっている。

 映画では山崎のほか、エイ政役を吉沢亮、河了貂(かりょうてん)役を橋本環奈、成キョウ(せいきょう)役を本郷奏多が担当し出演する。

関連記事(外部サイト)