真っ黒なスパイダーマン『ファー・フロム・ホーム』新場面写真

真っ黒なスパイダーマン『ファー・フロム・ホーム』新場面写真

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(6月28日世界最速公開)新場面写真

マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏より、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェイズ3の完結作となることが明らかとなったスパイダーマン映画最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(6月28日世界最速公開)。ストーリーのヒントとなる新たな場面写真が公開された。

 スパイダーマンこと高校生のピーター・パーカー(トム・ホランド)は、真のヒーローへと成長すべく、師匠とも言うべきアイアンマン/トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)に導かれてきた。そして今、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の戦いを経て、ピーターは次なる戦いに挑むことになる。

 今回、解禁となったのは、アイアンマンの壁画をバックにアイアン・スパイダー・アーマーに身を包み、葛藤しているかのような表情を浮かべるピーターの姿。

 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でスカウトされ、『スパイダーマン:ホームカミング』では、ヒーローとしては未熟ながら、自分が授かった力を世のために活かしたいと切望するピーターと、それを見守るトニー、自分の力を過信し一人で躍起になるピーターに対し、トニーが制する場面や“ヒーローとは何か”を諭し、“師弟”とも言うべき関係が描かれた。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、ヒーローの師弟から、一種の親子の様な関係へと発展をみせ、もっと2人の関係をみたいと思ったファンも多いに違いない。スパイダーマンは師匠から“鉄の意志”を継ぎ、“親愛なる隣人”から世界を守る真のヒーローとなることができるのか。

 さらにスパイダーマンの新たなルックスの場面写真も解禁となる。今回のスパイダーマンは、象徴的な赤と青のスーツのほか、トム・ホランドが「ステルス・スーツ」と呼ぶゴーグルが着いた真っ黒なスーツを身にまとう。トムはこのステルス・スーツについて「最高にクールだよ。スパイダーマンのスーツは赤と青。それを新しい方向にもっていくことに観客はきっとワクワクしてくれるはずだよ」とコメントを寄せている。

 本作では、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)がスパイダーマンに大きく関わることも予想され、このスーツにどんな意味、そしてこのスーツを着てスパイダーマンがどんなミッションに立ち向かうのか。ニックがピーターに引き合わせた、“別の世界”から来たというベック(ジェイク・ギレンホール)は、味方となるのか、それとも…。本作もワクワクする要素が満載だ。

関連記事(外部サイト)