佐藤隆太&佐藤寛太、舞台上で意気投合「これからはニコイチでやっていく」

佐藤隆太&佐藤寛太、舞台上で意気投合「これからはニコイチでやっていく」

(左から)佐藤寛太、佐藤隆太 (C)ORICON NewS inc.

俳優の佐藤隆太と劇団EXILEの佐藤寛太が28日、都内で行われた映画『今日も嫌がらせ弁当』(6月28日公開)の完成披露試写会に出席。名前が一文字しか違わない2人だが、佐藤隆太は「寛太くんと共演できてうれしい」とニッコリ。佐藤寛太も笑顔で応え「これからはニコイチでやっていこう」と舞台上でガッチリと意気投合した。

 佐藤隆太は「台本の内容はもちろんしっかり読むんですけど、名前が書いてあるところは走り読みするんです。それで、寛太くんの名前を見ると“ああ、違うのかあ”となっていました」と裏話を披露。ほかの作品でも勘違いをされることがあるようで「できる限り共演していきたい」とアプローチ。

 一方の佐藤寛太は、隆太のアプローチに喜び「僕も隆太さんに言いたいことがありまして」と前置きし「実は、当時小学6年生だったんですけど、二子玉川で熱血教師をやるのを見ていました」と、佐藤隆太の代表作でドラマと映画化された『ROOKIES』の大ファンであることを明かしていた。

 この日は、篠原涼子、芳根京子、村上知子、塚本連平監督、ダンディ坂野、ざわちんも登場した。

 物語の舞台は八丈島。「大人になったらお母さんと一緒にレストランをやる」と話していた双葉(芳根)は現在、反抗期。生意気な態度で何を聞いても返事すらしない。かおり(篠原)は双葉が嫌がる“キャラ弁”を作り続けて逆襲を試みるが、会話のない娘への大切なメッセージに変わっていく。高校生活3年間の最後を飾る弁当には、かおりの想いがすべて込められる、母と娘の感動ストーリー。

関連記事(外部サイト)