映画『蜜蜂と遠雷』初の映像解禁 松坂桃李らの場面写真公開

映画『蜜蜂と遠雷』初の映像解禁 松坂桃李らの場面写真公開

映画『蜜蜂と遠雷』のメインカット (C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

2017年に史上初となる『直木賞』と『本屋大賞』のW受賞を果たした恩田陸氏の小説で、松岡茉優主演を務め松坂桃李が共演する映画『蜜蜂と遠雷』(10月4日公開)の特報映像が、初めて公開された。

 物語は「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスがあり、注目を浴びている芳ケ江国際ピアノコンクールが舞台。天才たちが集結する予選会に挑む4人のピアニスト。熱い戦いを経て、互いに刺激し合い、葛藤や成長の果てに覚醒してく4人の姿が描かれる。

 松岡が演じるのは、かつて天才少女とうたわれるも、母を亡くしたことがきっかけで、音楽の世界から離れるも、再起をかけて舞台に戻ってきた栄伝亜夜。妻子を持ち、社会人として働くも夢を諦めきれず、最後のチャンスとしてコンクールに挑む高島明石を松坂。さらに人気・実力を兼ね揃え、優勝候補筆頭のマサル・カルロス・レヴィ・アナトールを森崎ウィン。今は亡き天才ピアニストが遺した謎の少年・風間塵を新鋭の鈴鹿央士が演じる。

 特報映像では4人のピアニストたちを紹介。「昔はもっとピアノが楽しかったよなあって」とつぶやくのは、復活の神童と銘打れた亜夜。「生活者の音楽。それを込めたかった」と話すのは、不屈の努力家・明石。「新しいクラシック。それをやりたいっていう夢がある」と語るのは、信念の貴公子・マサル。「世界中にたった一人でも、ピアノの前に座ると思う」と、祝福の異端児・風間塵が話す。さらに4人が、コンクールでピアノを弾く姿も映し出され、生命と魂をかけた戦いに挑む姿も切り取られている。

 また、あわせて一人ひとりにスポットを当てた場面写真も解禁。子どもを後ろに乗せて自転車を漕ぐ松坂や、前を向き明るい表情を見せる松岡など、映像とは違った姿が印象的なコンクール外での人間ドラマにも期待がかかる。

関連記事(外部サイト)