“殺し屋”窪田正孝の悲しくも儚げな表情… 映画『Diner ダイナー』劇中カット公開

“殺し屋”窪田正孝の悲しくも儚げな表情… 映画『Diner ダイナー』劇中カット公開

映画『Diner ダイナー』から窪田正孝の劇中カットが公開(C)2019 「Diner ダイナー」製作委員会

俳優・藤原竜也が主演し、写真家・蜷川実花氏が監督を務め2人が初タッグを組んだ映画『Diner ダイナー』(7月5日公開)から、殺し屋のひとり・スキンを演じた窪田正孝が見せる悲しくも儚げな表情をとらえた劇中カット2枚が、このほど公開になった。

 原作は、平山夢明氏が描いた小説『ダイナー』。窪田、小栗旬、斎藤工のほか、真矢ミキ、奥田瑛二、本郷奏多、佐藤江梨子、金子ノブアキ、土屋アンナら主役級の豪華キャストが集まり、全員が特徴の違った“殺し屋”に。ヒロイン・オオバカナコは玉城ティナが演じる。

 カナコは出来心から日給30万の怪しいバイトに手を出し、ウェイトレスとしてダイナー(食堂)に売られてしまう。店主と名乗るボンベロ(藤原)からは「ここは殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方ひとつで消されることもある」と忠告を受ける。次々に現れる殺し屋たちの世界に放り込まれたカナコ。ボンベロとは一体何者なのか。“命がクズ同然”のダイナーで、最高級の殺し合いが描かれる。

 窪田演じるスキンは、全身傷跡で覆われ、近寄りがたい雰囲気を出す孤高の殺し屋。ボンベロとの付き合いも長く、彼が作るスフレを食べるために生きていると語るほどの常連客。公開されたカットは、下を向きながら何か切なげな表情を見せる姿とカナコから何か言葉をかけられる様子を切り取った2枚。殺し屋ではあるものの、カナコには紳士的に振る舞う優しさも持ち合わせており、悲しい過去を背負いながら生きる様も映画の中で描かれている。

関連記事(外部サイト)