北村匠海・松坂桃李・浜辺美波、京都・東本願寺で初のアニメ映画イベント

北村匠海・松坂桃李・浜辺美波、京都・東本願寺で初のアニメ映画イベント

ライトアップされた京都タワーをバックに。アニメーション映画『HELLO WORLD』京都プレミア、東本願寺で開催(左から)浜辺美波、北村匠海、松坂桃李

伊藤智彦監督の新作アニメーション映画『HELLO WORLD』(9月20日公開)の完成を祝い、2027年の京都を舞台にした作品にちなんで、京都・東本願寺で11日、公道を封鎖したレッドカーペットアライバル(全長110メートル)が敢行された。

 この日は、午前中から雷を伴う雨が降り続き、イベント10分前まで実施が危ぶまれたが、無事決行。和装の北村匠海・松坂桃李・浜辺美波が登場すると、待ち続けた約1500人から割れんばかりの歓声が上がった。

 北村は「お足元の悪い中、本当に皆さんよく待っていて下さいました! 待っていて下さった皆さんのおかげで今イベントができているので感謝の気持ちでいっぱいです」と、伝えた。

 レッドカーペットイベント&境内での野外上映は東本願寺の歴史においても初めてのこと。北村は「京都でこんな大規模のイベントをやれたことがとてもうれしく、映画の門出としてふさわしい一日になったなと思います」。浜辺も「東本願寺ってレッドカーペット敷いてもいいんだ、としみじみ感じて、そんな特別なことをやらせていただいた上に、京都の皆さんも大勢いらして…すごく贅沢なイベントだなと思いました」。

 東本願寺の御影堂門前で行われたトークセッションでは伊藤監督、京都府知事、京都市副市長、東本願寺の宗務総長も同席。伏見稲荷大社など、京都を代表する名所が美麗な映像で描かれた作品の魅力や京都にまつわるエピソードが語られた。

 「京都デートをするとしたら」というお題では、北村が「修学旅行みたいなデートをしたいです。3日ぐらいかけて、旅館で朝ご飯を食べてお寺を巡って…八ッ橋食べたりしたいです(笑)」。松坂は「せっかくですからお着物を着て、人力車タクシーに乗ってみたいです。普段できないことをやってみたいです」。浜辺は「映画に出てくるシーンの中で“鴨川デルタ”が印象的なのですが、京都の代表的なデートスポットで、皆さん等間隔に座るというのを聞いたので、ぜひその中に混ざりたいなと思いました」と、話した。

 「レッドカーペットを歩き始めた時から今までずっと興奮しています」という松坂から「皆さんの興奮が伝わっているのか、先程から匠海くんの汗が止まらなくて…」と、話しを振られた北村。たしかに、レッドカーペット上でもしきりに汗をぬぐっていたが、「雨が降っているので涼しいはずなのですが、皆さんの熱気で汗が止まらん!」と、興奮が止まらない様子。最後に北村が「ラスト1秒まで見逃せない、アニメ史に残る傑作が出来上がったと思います!」と力強くメッセージを送ると、レッドカーペットに集まった観客から大きな拍手が起こっていた。

関連記事(外部サイト)