吉沢亮、長い前髪とメガネ姿で“存在感のないキャラ”に 広瀬すず主演『一度死んでみた』来年3・20公開

吉沢亮、長い前髪とメガネ姿で“存在感のないキャラ”に 広瀬すず主演『一度死んでみた』来年3・20公開

映画『一度死んでみた』ポスタービジュアル (C)2020 松竹 フジテレビジョン

女優の広瀬すず主演で、吉沢亮と堤真一が共演するコメディー映画『一度死んでみた』の公開日が来年3月20日に決定した。さらに、広瀬が髪を半分ピンクにしたデスメタル衣装の第一弾ポスターと、「今死んだらぶっ殺すわよ!」と叫ぶシーンも盛り込まれた特報映像が解禁になった。

 同作は、ソフトバンクの『白戸家』シリーズなどのCMを世に送っているCMプランナー・澤本嘉光氏がオリジナル脚本を手がけ、auの『三太郎』シリーズなどを手がけているCMディレクター・浜崎慎治氏が映画初監督を務めるコメディー作品。

 広瀬は、売れないデスメタルバンドでボーカルを担当する女子大生の七瀬を演じ、製薬会社を経営する父親・計(はかる)を堤、計の部下で存在感がなさすぎる松岡を吉沢が演じる。“2日間だけ死んじゃう薬”を飲んだ計が仮死状態になり、2日後には生き返るはずだったが、何者かの陰謀によりそのまま火葬されてしまいそうになる。父が大嫌いだった七瀬だが、松岡とともに立ち上がることを決意し、計を生き返らせようと奮闘していく。

 特報映像では、広瀬が人差し指を突き出したデスポーズや、キレのあるハイキックを披露。最後には「クソ親父〜」と泣きながらつぶやくと、それを聞いていた計が「はい!クソ親父です」と答え、悲鳴とともに締めくくられている。吉沢も端正な顔が隠れるほどの長い前髪とメガネ姿で、存在感のないキャラを作り出している。

関連記事(外部サイト)