時代劇初挑戦の岡村隆史、一心不乱な表情でそろばんをはじく場面写真が到着

時代劇初挑戦の岡村隆史、一心不乱な表情でそろばんをはじく場面写真が到着

映画『決算!忠臣蔵』より岡村隆史の場面写真が公開 (C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

俳優・堤真一が主演で、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が共演する映画『決算!忠臣蔵』(11月22日公開)から、主要キャラクターたちを切り取った場面写真7枚が到着した。

 原作は東大教授・山本博文氏による新書『「忠臣蔵」の決算書』(新潮新書)。内蔵助が残した決算書をもとに討ち入り計画の実像を記した作品。メガホンを取るのは『殿、利息でござる!』(2016)、『忍びの国』(17)など近代時代劇を手掛けている中村義洋監督。堤が赤穂浪士・大石内蔵助、岡村は内蔵助を支えた勘定方・矢頭長助を演じ、“予算”と“関西弁”を切り口にした史上初の忠臣蔵が描かれる。

 さらに、内蔵助の軍師役に妻夫木聡、赤穂藩主・浅野内匠頭の妻を石原さとみ、内蔵助の妻を竹内結子、濱田岳や横山裕、赤穂浪士役として橋本良亮(A.B.C-Z)らが出演するほか、お笑い界からも、西川きよし、桂文珍、木村祐一らが参戦する。

 場面写真は、時代劇初挑戦の岡村が勘定方としての役目を果たすために、そろばんをはじく一心不乱な表情、予算をめぐってかはたまた別の用立てなのかは不明だが、岡村と堤が何かを言い争っている場面、さらには不敵な笑みを浮かべる妻夫木、鋭い視線を向ける石原のシーンなどが解禁になった。

【映画あらすじ】
赤穂藩藩主・浅野内匠頭が吉良上野介の策略から亡くなり、路頭に迷う赤穂藩士たち。同藩筆頭家老の内蔵助は、嘆く間もなく、勘定方の長助の力を借りて再生に取り掛かるが、お家再興の夢は絶たれてしまう。江戸の庶民たちは吉良上野介の仇討ちを熱望するも、予算が必要。だが、迷いの内に予算はどんどん減ってく。世間の空気感との狭間に立たされた内蔵助は“予算内”で“仇討ち”を“決算”できるのか。涙と笑いの予算達成エンターテインメントが描かれる。

関連記事(外部サイト)