“酔っ払い”堤真一「全然、覚えてへん…」 ワニのはく製抱きつく奇行に周囲驚き

“酔っ払い”堤真一「全然、覚えてへん…」 ワニのはく製抱きつく奇行に周囲驚き

映画『決算!忠臣蔵』ワールドプレミア(前列左から)横山裕、岡村隆史、堤真一 (後列左から)鈴木福、西村まさ彦、木村祐一 (C)ORICON NewS inc.

俳優の堤真一、横山裕(関ジャニ∞)、妻夫木聡、木村祐一、橋本良亮(A.B.C-Z)らが27日、都内で行われた映画『決算!忠臣蔵』(11月22日公開)のワールドプレミアに登場した。

 原作は東大教授・山本博文氏による新書『「忠臣蔵」の決算書』で、内蔵助が残した決算書をもとに討ち入り計画の実像を記した作品。堤が内蔵助、岡村隆史が内蔵助を支えた勘定方・矢頭長助を演じ、“予算”と“関西弁”を切り口にした史上初の忠臣蔵が描かれる。

 イベントでは映画のテーマ“忠臣蔵”の誰も知らない裏話にちなみ、キャストの誰も知らない裏話を展開することに。堤は撮影後の打ち上げのエピソードを話し「この映画の後の仕事に舞台があって、橋本くんと共演するものだった。(自分が)酔っ払ってきて橋本君に『大丈夫か? 難しい役だぞ』と聞いたら、『堤さ〜ん、頑張ります!』とずっと泣いていた」と暴露。すると橋本は「すごい不安だったんですよ…。堤さんと一緒にやらせてもらえる緊張がありまして、堤さんの顔を見たらブワー!と泣いちゃって」と照れていた。

 この話を聞いて木村は「(飲み屋は)ワニのはく製があったところでしょ? 堤さん、酔っ払ってワニに抱きついていましたよ。ずっとワニに乗ろうとして、何かをしようとしていましたよ」と奇行を暴露されると、堤は「うっそ! 全然、覚えてへん。でも、橋本くんが泣いていたのは覚えている」と赤面。

 木村だけでなく目撃者が多数おり、妻夫木は「ワニが結構危なくてケガをしましたもん。トゲトゲで」、横山も「僕もいましたけど、僕はただただ橋本が泣いているのを『すみません…』と謝っていました。いい奴なんで…」と笑わせた。

 この日は岡村隆史、濱田岳、石原さとみ、西村まき彦、寺脇康文、鈴木福、小松利昌、沖田裕樹、荒川良々、中村義洋監督も登壇した。

関連記事(外部サイト)