土屋太鳳、凶悪事件を起こすダークな役で映画主演

土屋太鳳、凶悪事件を起こすダークな役で映画主演

凶悪事件を起こすダークな役で主演を務める土屋太鳳(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

女優の土屋太鳳が、完全オリジナル脚本の映画『哀愁しんでれら』(2021年早春公開)で主演を務めることが、発表された。明るく天真らんまんなイメージの土屋だが、本作で演じるのは、凶悪事件を起こし、自身初の連れ子の母親という役どころ。狂気の変ぼうをとげるダークな女性で、“3回断った”難役に挑戦する。

 土屋が演じるのは、平凡な毎日を送っていた市役所勤めの小春。しかし、ある夜、祖父が倒れ、父が飲酒運転で連行、自宅が全焼、彼氏の浮気現場を目撃するなど、怒とうの不幸にあい、すべてを失ってしまう。不幸の中、8歳の娘・ヒカリを男手ひとつで育てる開業医の大悟に出会う。優しく、裕福な大悟にひかれ、彼のプロポーズも受け入れた小春。不幸から幸せの頂点へ駆け上がったと思った矢先、彼女は前代未聞の凶悪事件を起こしてしまう…。

 メガホンをとるのは、日本テレビ系ドラマ『時をかける少女』(16年)や映画『3月のライオン』(17年)などの脚本を手がけた渡部亮平監督。本作が初の商業映画作品となる渡部監督が脚本も担当する。

 土屋は「初めてこの物語を読ませていただいたとき、私が感じたのは嫌悪感と疑問でした。光栄だけれど、なぜ私にと思ってくださるんだろう。理由を知りたくて監督にお会いしましたがわからず、おこがましいながらお断りしました。覚悟できないまま取り組む物語ではないからです」と3回断った理由を話す。

 「でも、脚本は私の前に戻ってきました。4回目に戻ってきたとき、急に『この物語は生まれたがってるんじゃないか』と感じたんです。脚本の中で小春が泣いているようにも感じました。私にできることがあるなら、一緒に泣くこと。理解できるかではなく生まれてくるものを愛すること。そう感じたころ共演者を知り、そのかたと踏み出せるならと覚悟を決めました。迷った末の撮影は得難い時間の連続でした。命が命を愛そうとするときの摩擦熱のような何かが今も心に残っています。感じていただけますよう」と出演を決意するに至ったまでを語る。

 渡部監督は「主人公・小春は、いま現在の土屋太鳳さんにどうしても演じて欲しい役でした。撮影を通して、怒とうの展開に振り回されながら、さまざまな表情を見せてくれる土屋太鳳という女優の表現力の豊かさにあらためて胸を打たれました」と土屋を絶賛する。

 浅野由香プロデューサーは「いつも笑顔で頑張り、相手を気遣い、たおやかで母性を持ちながら、新しいことへ飛び込むことにちゅうちょしない大胆さ。小春の移りゆくさまざまな感情を等身大で細やかに表現してくれると確信してオファーしました」と土屋を起用した経緯を説明した。

関連記事(外部サイト)