中村倫也、動物写真家・岩合光昭氏の“猫映画”でナレーション担当「ニンマリするでしょう」

中村倫也、動物写真家・岩合光昭氏の“猫映画”でナレーション担当「ニンマリするでしょう」

『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』でナレーションを担当する中村倫也 (C)「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き2」製作委員会

俳優の中村倫也が、動物写真家・岩合光昭氏が自ら監督を務める『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』(2021年1月8日公開)のナレーションを担当することが8日、発表された。中村は「みなさんもこの作品に触れればニンマリできるでしょう。そしてナレーションを録りながら僕もニンマリするのでしょう」とアピールしている。

 2017年に公開された『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいネコたち』、19年の『ねことじいちゃん』に続く本作は、岩合氏が心から撮りたいと願ったネコの家族愛が描かれる。

 ひとつは、湖上にある小さな家に猫の家族と人の家族が暮らすミャンマーのインレー湖。もうひとつは、北海道の牧場でたくさんの母猫、オス猫、子猫たちがまっすぐに生きているさまが紡がれる。

 中村は「ねこって飽きない。実に気ままに、風に吹かれるままに、己の興味に素直に生きている。くるくると変わる表情やその視線の先に何を捉えているのか、つい夢中になる。そして、きづくとニンマリする」と猫の魅力を語る。岩合氏は「ネコが見せてくれた家族愛と、自分らしくあることの大切さ。楽しんでいただけたら幸いです」とコメントを寄せた。

関連記事(外部サイト)