亀梨和也、恐怖映画舞台あいさつでガチお祓い 鑑賞した友人が心霊体験「鈴の音がずっと…」

亀梨和也、恐怖映画舞台あいさつでガチお祓い 鑑賞した友人が心霊体験「鈴の音がずっと…」

映画『事故物件 恐い間取り』満員御霊お清め舞台挨拶に出席した(左から)瀬戸康史、亀梨和也、奈緒

人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也、女優の奈緒、俳優の瀬戸康史が9日、都内で行われた映画『事故物件怪談 恐い間取り』の“満員御霊”お清め舞台あいさつに登壇した。

 とあるシーンで「たすけて」という声が聞こえることでSNSで報告されているが、そのシーンに関して「聞こえなかった」というキャストたち。「映画の中で言ってるんじゃなくて、会場にいる説あると思うんですよね」という奈緒に、「その説あるよね! 僕の友だちで朝いちで観に行った友だちは、鈴の音がずっと聞こえたって言ってて『うわー』って思いましたね」と亀梨は明かしていた。

 そのシーンに関して、亀梨は「怪談話を僕がちょうどしているシーンなんですが、あの日に(原作者の松原)タニシさんもいらっしゃってくださったんですけど、ホラー界の方も何人かいらっしゃっていたんですよね。そういう意味でもあのシーンは寄ってくる要素はあるな、と思います。今、思い出したんですが僕があの撮影場所に忘れ物したんですけど、出てこないんですよね」と撮影を振り返ると、瀬戸康史は「人コワですね」と珍発言。それでも「人コワ…? 人による怖さ、なるほど勉強になりました。『#人コワ』でSNSで皆さんもつぶやいてください!」と亀梨も乗っかっていた。それちなみ、今だから語れる「撮影中に『たすけて』と思ったエピソード」を披露することに。奈緒は「お化けと戦うシーンは普通に苦しかったですねえ。言っていいのかな、あれ実は薄いこんぶ茶なんですよ! こんぶ茶なんで悪い気はしないんですよね(笑)」と裏話を口にした。

 そして、日蓮宗寺院導師が壇上に上がり、ガチのお祓いをしてもらうことに。無事にお祓いが終わると、亀梨は「実話を元に作られるということで、どのように撮影に向き合えるのかなあと、覚悟を持って作品に向かわさせていただきましたし、実際にこうして公開してたくさんの人に楽しんでいただけるということで、エンターテイメントとしてしっかりと向き合えてよかったなと思います」としみじみ。

 奈緒は「映画の中でタニシさんのエピソードで、シャンプーがないということをお化けが教えてくれる、というのがありますが、見えないものって怖いことばかりではなくて、こうやって皆さんとのご縁をつないでいただけましたし、皆さんが『面白かった』っていう気持ちで帰っていただけたらいいなと思いました。今は晴れやかな気持ちなので、どんどんいろいろな方たちに観ていただけるように、これからも広めていきたいと思います」と前向きだった。瀬戸は「今すごい熱いです(笑)。何かが出ているんでしょうね。なんかすっきりしましたね」とつぶやくと、亀梨は「悪縁は取り除いていただいて、いい形でこれだけたくさんの方たちにエンターテイメントとして楽しんでいただけるのはうれしいことですよね」とお祓いの効果を語っていた。

 この日のイベントで、いくつものお清めを受けた亀梨は「だから今日はタニシさんが来ないんだなと思いました。来たら(お清めの効果で)お仕事なくなっちゃいますもんね」と笑っていた。

 同作は殺人・自殺・火災による死亡事故などがあった“いわくつき”の部屋『事故物件』に住み続ける“事故物件住みます芸人”として活動する松原の実体験によるベストセラーノンフィクション『事故物件怪談 恐い間取り』を実写化。『リング』シリーズや『スマホを落としただけなのに』シリーズなどで知られる、中田秀夫監督がメガホンをとった。

関連記事(外部サイト)