綾野剛、岡田健史をべた褒め「かわいくて仕方ない」 役者としての期待感も「すべてシェアしたい」

綾野剛、岡田健史をべた褒め「かわいくて仕方ない」 役者としての期待感も「すべてシェアしたい」

(左から)綾野剛、岡田健史 (C)ORICON NewS inc.

俳優の綾野剛(38)、岡田健史(21)が22日、都内で行われた映画『ドクター・デスの遺産−BLACK FILE−』大ヒット御礼舞台あいさつに登壇。綾野と星野源が主演のドラマ『MIU404』(TBS系)にも出演していた岡田だが、この日のイベントでは綾野との相思相愛っぷりを見せた。

 綾野は「年齢は違いますけど、なんて言うんですかね…すごく好きなので、きょうはわちゃわちゃしているところだけを公開するだけになるかも(笑)。さっき、楽屋出た時にも、出てきてくれて、ずっとニヤニヤしているんですよ。ラブビームを貫いてくるので(笑)。なんかかわいくて仕方ないですね…」とにっこり。岡田も「撮影初日から、剛さんにいろんなことを聞きまくって、僕が逆の立場だったらうざいなと思うくらいでした(笑)。でも、剛さんは1を聞いたら、100にもして話してくれて『剛さんもういいです』っていうくらい情報量で…。真摯になって向き合ってくださる役者さんと出会えたことが、僕にとってすごく大きな意味を持ちました」と思いを伝えた。

 新型コロナウイルス対策で、2人の間にはついたてが設けられていたが、綾野は「デレデレじゃないか(笑)。もう、壁ないわ」とうれしそうにツッコミ。「(北川)景子ちゃんが表のヒロインだとすると(岡田は)裏のヒロインなので(笑)。かわいいって表現が正しいかわからないけど、チャーミングさがあるんですよね。今はかっこよさで戦っていかないといけないけど、僕の話を聞く時にかわいさが隠しきれていない。僕は、頭がパンクしていく姿を見て快感を覚えている」といたずらっぽく笑った。

 綾野は続けて「いっぱい詰め込ませて、ポカンってしている顔がすごく良かったりする。話せば話すほど、スポンジのように吸い取っていく彼を見ていて、僕がきょうまで経験してきたことを、すべてシェアしていきたいと思いましたね」と先輩としての顔をチラリ。「教えている感覚じゃなくて、僕が数十年かけてつかんだものを、1年、2年でやってしまえばいいと思っていますし…。(岡田が)途中から顔がパンパンになっていくのがすごくかわいくて、一生懸命がいいんですよ。僕も彼のまぶしさにはハッとさせられています」と賛辞を送った。

 次に共演する際の役どころについての話題では、岡田が「決定的に敵対する役とか…」と話し出すと、綾野は「えー」と仲の良さを感じさせる一幕も。一方の綾野は、岡田から「10個挙げてください」との要望を受けて「BLは入れておくわ。重厚なものから軽やかなものまで入れておきたい。じゃあ『LOVE』っていうのを入れておく?」と提案しながら「景子ちゃんと共通しているんですけど、真実を映す瞳をしているんですよね。まっすぐだから、単純にかっこいいし、昭和を感じさせる顔の人ってそんなに多くないと思うんですけど、自分の熱さも持っているので。とても熱い男なので、ずっと見ていきたい」とラブコールを送っていた。

 中山七里氏のクライム・サスペンス小説が原作の同映画。物語は、終末期の患者ばかりを襲う連続不審死事件が発生し、犬養隼人(綾野)と、高千穂明日香(北川)が捜査に乗り出す。すると、依頼を受けて患者を安楽死させるドクター・デスと呼ばれる医者にたどり着くと、犬養の一人娘・沙耶香が安楽死の依頼をしてしまう。ドクター・デスの目的と正体を追う、2人の刑事の挑戦が描かれる。

関連記事(外部サイト)