磯村勇斗・柄本佑・白石隼也・津田健次郎・森山未來が短編映画監督に挑戦

磯村勇斗・柄本佑・白石隼也・津田健次郎・森山未來が短編映画監督に挑戦

WOWOW開局30周年記念 『アクターズ・ショート・フィルム』 磯村勇斗・柄本佑・白石隼也・津田健次郎・森山未來がショートフィルムの監督に挑戦

WOWOW開局30周年を記念した一大プロジェクト『アクターズ・ショート・フィルム』が始動。磯村勇斗・柄本佑・白石隼也・津田健次郎・森山未來ら5人の人気俳優が制作費・制作日数など同条件で25分以内のショートフィルムを制作。世界から約5000本のショートフィルムが集まる米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」のグランプリを目指す。カメラの向こう側にいた彼らが、今回はカメラ越しにどんな世界を創り上げるのか? 各作品はWOWOWで来年1月より独占配信&放送される。

 各監督が手掛けるショートフィルムは、1月13日(水)より、WOWOWオンデマンドにて5作品同時に先行配信、同23日(土)午後7時よりWOWOWプライムで5作品を一挙放送する。さらに、同16日(土)より、監督のインタビューや撮影のメイキング、さらに各作品のみどころを紹介する特別番組『アクターズ・ショート・フィルムの軌跡』を無料放送することも決定した。

 各作品の主要キャストも発表。学生時代に自主映画を制作していたほどの映画好きである磯村監督作『機械仕掛けの君』には泉澤祐希。学生時代から数々の自主制作映画を手掛けている柄本監督作『夜明け』に森山直太朗。主演を務めた配信ドラマ『グッドモーニング・コール』のスピンオフドラマで監督・脚本を務め、活動の幅を広げる白石監督作『そそがれ』に吉村界人と神野三鈴(ダブル主演)。

 声優・俳優・ナレーターと多方面で活躍し、昨年全国公開された映画『ドキュメンターテイメント AD-LIVE』では監督・脚本を務めた津田監督作『GET SET GO』に竜星涼と大東駿介(ダブル主演)。カテゴライズに縛られない表現者として国内外から高い評価を受け、初監督を務めた短編映画『Delivery Health』がショートショート フィルムフェスティバル & アジア2020でも特別上映された森山監督作『in-side-out』に永山瑛太。

 既に俳優としての実績がある彼らが、監督としてどんな才能を開花させるのか…期待が高まるばかりだ。

■各作品あらすじ

●『機械仕掛けの君』
監督:磯村勇斗/脚本:伊藤靖朗/主演:泉澤祐希
 アンドロイドが進化した近未来社会、AI 技術者の照康(泉澤)は不安を抱き、反体制運動に身を投じていた。照康の弟の鳳太は、ある日泰明に出会い友達になる。

●『夜明け』
監督 ・脚本:柄本佑/主演:森山直太朗
 下北沢の狭い部屋に独居する田中(森山)は、いつのころからか「正義」を追求してきた。アルバイトで食いつなぐうたかたの日々にありながら、人助けのために奔走する。

●『そそがれ』
監督 ・脚本:白石隼也/主演: 吉村界人、神野三鈴
 幼い頃に通った絵画教室、そこでオレ(吉村)を指導してくれた先生(神野)の繊細な筆遣いの感覚をいまも思い出すことができる。先生との秘密の共有と罪の意識。

●『GET SET GO』
監督 ・脚本:津田健次郎/主演: 竜星涼、大東駿介
 ビルから飛び降りようとしていた慶(竜星)を引き止めた隼人(大東)は、ロシアンルーレットの賭場へ彼を連れて行く。異様な世界で、慶と隼人がみたものは。

●『in side out』
監督: 森山未來/脚本:岩井秀人/主演:永山瑛太
 どんな理由からか、部屋に引きこもっている男(永山)。他者との関わりを持たなくなった男の脳内では、外の世界への妄想や過剰な自意識が常に垂れ流され、次第に虚実が裏返っていく…。

関連記事(外部サイト)