スペシャルムービー付きの大千穐楽配信直前! 舞台『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』観劇レポート

舞台『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』の東京公演が4月23日に開幕し、緊急事態宣言に伴い後半の公演は中止になったものの、5月5日(水)の大千穐楽公演は無観客ライブ配信が決定。

シリーズ第五弾となる今作では、2018年3月に劇場版として公開された映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」を舞台化。映画から、異能力を持つ探偵集団「武装探偵社」の中島敦(鳥越裕貴)、太宰治(田淵累生)、泉 鏡花(桑江咲菜)、そしてヨコハマの裏社会に巣食う「ポートマフィア」の芥川龍之介(橋本祥平)、中原中也(植田圭輔)、さらに地下組織の盗賊団「死の家の鼠」の頭目であるフョードル・D(岸本勇太)、今作の鍵を握る謎に包まれた異能力者・澁澤龍彦(村田充)の7名に絞り、それぞれのキャラクターを深堀りしていく。

また、映画のストーリーそのままの舞台化というわけでなく、2018年から現在まで原作が展開する中で判明した追加要素や、舞台で初出しとなる情報も含んだ、原作者の朝霧カフカ書き下ろし脚本で贈る、もうひとつの「DEAD APPLE」となっている。

特に、同じ組織に所属していながらこれまであまり絡みのなかった、芥川龍之介、中原中也ふたりのシーンが作られているところが今作ならでは。インタビューで橋本が「中也さん、こんな先輩風吹かせるんだ」と新鮮に感じたという、上司と部下という関係性が見えるふたりのやりとりに注目だ。

さらに、霧が立ち込めるヨコハマを舞台に展開される今作だけの演出も多数あり、映画でも描かれた中原中也の見せ場となる戦闘シーンは、空間全体を使用したド派手な演出となっているので、大きな見どころだろう。映画を観ている人は、どうやってあのシーンを表現したのかを、ぜひ確認してほしい。

なお、今作より、 太宰治を新キャストの田淵累生が演じる。初代からの変更ということでプレッシャーも大きいと思うが、ビジュアルはもちろん、声まで忠実に原作アニメから再現。これまでのシリーズを見てきたファンも納得させるクオリティーの高さで新たな太宰治を舞台上に誕生させてみせた。

5月5日(水・祝)13時より上演の大千穐楽公演のライブ配信は、当初の予定よりカメラ台数を大幅に増やし、大千穐楽限定のオリジナルスイッチング映像を配信予定。さらに開演10分前には、ライブ配信のために撮り下ろしたスペシャルムービーを上映するので、開演15分前からの配信をお見逃しなく。

取材・文:能一ナオ

公演情報
舞台『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』
脚本:朝霧カフカ
脚本協力:内田裕基
演出:中屋敷法仁
協力:春河35
音楽:岩崎琢
振付:スズキ拓朗
出演:鳥越裕貴 / 桑江咲菜 / 橋本祥平 / 植田圭輔 / 田淵累生 / 岸本勇太 / 村田充 / 他

<大千穐楽公演 無観客ライブ配信>
配信日時:5月5日(水・祝) 13:00 ※開演10分前をめどに撮り下ろしスペシャルムービーを上映
PIA LIVE STREAMにて配信
チケットは下記関連作品・公演の舞台『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』情報ページから購入できます。


Blu-ray&DVDが2021年9月29日(水)発売決定!
詳細は公式サイトにてご確認ください。
http://bungo-stage.com/

関連記事(外部サイト)

×