総展示数800点以上!サンリオの「カワイイ」の全てをがここに『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』六本木ヒルズにて開催中

ハローキティにキキララ(リトルツインスターズ)、マイメロディなど、だれもが一度は目にしたことがあるキュートなキャラクターたちは、2020年に創立60周年を迎えたサンリオが作り出してきたものだ。そのサンリオの歴史を振り返る『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』が、来年1月10日(月・祝)まで、六本木ヒルズにある東京シティビューにて開催されている。

サンリオの歴史は1960年に設立された前身の組織、山梨シルクセンターからスタートする。ハローキティをはじめ、世界共通言語となった「kawaii」キャラクターは現在400種類以上誕生している。

展示風景より(c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

本展では、そんなサンリオの「kawaii」を核にしたキャラクタービジネスがどのように生まれ、発展していったのかを6つのゾーンと10のテーマ、800点以上の展示品で紐解いていく。

まず、エントランスで鑑賞者を迎えるのは、増田セバスチャンによる《Unforgettable Tower》。約6000体のぬいぐるみを使った高さ8mの作品は、この展覧会のために制作された“記憶の積み重なり”をイメージしたものだ。

増田セバスチャン《Unforgettable Tower》部分(c) 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

第一章「カワイイのはじまり」は、ハローキティたちが生まれる前のサンリオ創成期について紹介するゾーンだ。

内覧会ではハローキティが取材者を出迎えた(c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376
当時のデザイン画 DSCF1849.JPG (c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

当時のサンリオはかわいらしい意匠のグリーティングカードや雑貨を制作していたほか、人気のイラストレーターを起用した雑貨類が好評を博していた。内藤ルネのほか、水森亜土や佃公彦、やなせたかしなど錚々たるメンバーがサンリオグッズを手掛けている。

人気イラストレーター・内藤ルネのデザインによる「ルネパンダシリーズ」(c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

また、サンリオは出版事業にも乗り出し、やなせたかし詩集のほか、SF小説やまんが雑誌など幅広い分野の書籍を発行。現在もそのラインナップは高い評価を受けている。

当時発売されていた書籍(c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

そして、1970年代に入り、サンリオはオリジナルキャラクターの開発を開始。パディ&ジミーの誕生を皮切りに、1974年にハローキティ、75年にマイメロディなど現在まで続くキャラクターが続々と誕生。またたくまに日本中の子どもたちの心を掴む存在となった。

当時の資料に見入るハローキティ(c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376
ラフスケッチも手描きだった (c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

つづく「サンリオキャラクターズ」の章では、サンリオの代表的なキャラクターのグッズや原画が紹介していく。そして、ハローキティをはじめ、サンリオキャラクターは子どもだけでなく大人にも、日本だけでなく世界にもその活動の幅を広げていく。

ずらりと並ぶキャラクターグッズ(c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376
当初はうさぎだったシナモロールのシナモン (c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376
さまざまな扮装をするハンギョドン(c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

その一方、1975年から現在まで続くサンリオの機関紙「いちご新聞」は、日本中のサンリオファンとサンリオとをつなぐネットワークとなっていた。展覧会場では、創刊号から現在まで続く「いちごの王様」の直筆原稿も展示されている。

サンリオのすべてを知る「いちごの王さま」による直筆原稿 (c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

そして、現代アートファンに見逃せないのが、サンリオキャラクターズと現代美術アーティスト全6名のコラボレーション展示。温かみのある彫刻で人気のはしもとみおによるシナモンや、アクリル樹脂の金魚で知られる深堀隆介の作品は、新しいサンリオの方向性も提示しているかのようだ。

深堀隆介によるサンリオ風金魚 (c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376
はしもとみおによるシナモンとキティ、 (c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376
はしもとみおによるシナモロールのシナモン (c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376
竹藝家の中臣一によるマイメロディの頭巾 (c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

サンリオという企業が追求した「kawaii」を多方面から楽しめる展覧会。だれもが心が満たされる場所だ。

構成・文:浦島茂世

【開催情報】
『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』
2021年9月17日(金)〜 2022年1月10日(月)、東京シティビューにて開催
https://www.tokyocityview.com/sanrio-museum-ex/

関連記事(外部サイト)