【ミュージカル『四月は君の嘘』インタビュー第2弾】小関裕太×木村達成×生田絵梨花×唯月ふうか×水田航生 キャスト座談会

大人気コミックを原作に、ブロードウェイの巨匠フランク・ワイルドホーンと日本の若き才能がタッグを組んで生み出す世界初演ミュージカル、『四月は君の嘘』。全公演中止になった日から2年、メインキャストが再集結し、開幕に向けて動き出した。有馬公生役の小関裕太&木村達成、宮園かをり役の生田絵梨花、澤部椿役の唯月ふうか、渡亮太役の水田航生(寺西拓人とWキャスト)が、今の気持ちと作品の見どころを語り合う。

2年前からずっとつながっている

――ミュージカル『四月は君の嘘』は、2020年7月に上演予定でしたがコロナ禍で中止となり、約2年越しの上演となります。今はどんな気持ちですか?

小関 中止になった時は喪失感がすごくて、そのあともできるかどうか分からない時期が続いたので、決まった時は「ようやくあの時の気持ちが報われる!」というプラスな思いがありました。2年前との違いは……原作アニメを観た回数(笑)。7周くらいしましたね。

一同 すご〜い!

小関 流し見も含めてですが、中止が悔しくてずーっと観てました(笑)。

木村 『四月は君の嘘』は、絶対に世に出なきゃいけない作品のひとつだと思ってました。改めてチャンスをいただけた時は、2年前の気持ちも込めつつ、若干キャストも変わるのでまた新しく作る気持ちで臨めたらなと。変わったところは、ユーモアが身についたことですかね!

一同 おお〜〜〜。

生田 “盛り上げ隊長”よろしくね(笑)。2年前の公演は、お稽古が本格的に始まる前に中止になってしまったのですが、歌番組やアルバム制作で“チーム感”は既に感じていて。だから同じメインキャストで再始動できるのは、本当に嬉しいなって思います。変わったことは、2年間でこの作品で言うところの「モノトーンの世界」を、私たちもお客さんも覗いたことかなと思うんです。だからこそ、それが「色づいていく」過程を目いっぱい楽しめそうな気がします。

唯月 こうやって皆さんと一緒に再出発できること、私も本当に嬉しいです。私はこの2年間で物事をポジティブに考えられるようになったので、作品、役にもっと濃く向き合っていけるのかなって。今は、これからワクワクが始まるっていう楽しい気持ちでいっぱいです。

水田 ふうかちゃんはあと、この2年で自転車が漕げるようになりました!

唯月 はい、なりました! 椿ちゃんは自転車に乗る役なので。

生田 すごい、成長だー!

水田 すごいよね! 僕は意外と、あっという間だったなという感じがしてまして。この作品は絶対に戻ってくるっていう予感があったので、実際にこうやって集まっても台本を読んだり曲を聴いたりしても、懐かしい気持ちがあまりない。2年前から、ずっとつながってた感覚ですね。変わったことと言えば、歳をふたつ取ったことだけ(笑)。それに伴い心はさらに熱く燃え上がり、役の年齢からは遠ざかりましたけど、気持ちは逆に近づいたと思ってます!

一同 「逆に」!?

木村 『ベンジャミン・バトン』みたいなこと(笑)?

水田 かもしれない(笑)。17歳に向かう気持ちが、2年前から加速し続けてる感じがします。

心の中にある忘れられない出会い

――多感な高校生が、出会いによって変化していく様を演じられるわけですが、皆さんにとって思い出に残る出会いとは? 思いついた方からどうぞ!

生田 私はやっぱり、乃木坂46というグループですね。入る前の私は、周りから「血の通ってないロボットみたい」と言われるくらい(笑)、感情が表に出ないタイプで。でもたくさんの人と接する中で人が好きになったし、感情が豊かな子たちが集まっていたので、それを分けてもらった感じがしています。

小関 僕は中学生の時、YouTubeで色んな検索をする中で出会ったスティービー・ワンダー。声にも歌う姿にも衝撃を受けて、ひたすら観ていたのでだいぶ影響されましたし、今でも僕の根底にある音楽だなと思います。

唯月 私は、これっていうエピソードがあるわけではないのですが、今がちょうど変化の時だと思っていて。今までは人に対して、無意識のうちに壁を作っていたんですが、25歳という節目の年齢を迎えて、もっと人と関わっていこうと思い始めています。

小関 (小声で話していた木村と水田に)何ボソボソ打ち合わせしてるの?

水田 いや、3人ともめっちゃいい話やなって。それ以上の話が出てこない(笑)。

小関 あはは! 先に言っておいて良かった〜。

水田 あ、でも僕ありました!

生田 先行った(笑)!

唯月 達成さんがトリ決定だ〜(笑)。

水田 僕も引っ込み思案だったんですけど、20代前半で初めてニューヨークに行った時、街中を歩いてる全員が自己アピールしてるのを目の当たりにして、自分が透明人間みたいな気になって。「俺はここに生きてるんだ!」って吠えたくなって、泊まってたマンションの掃除のおじさんにいきなりHey!ってハイタッチしたんですよ。その瞬間、「俺は変わったな」と(笑)。

小関 素敵な話!

唯月 本当、映画みたい。

木村 いい話な上にユーモアまであって、僕はますますやりづらいっていう(笑)。そうだな……思い出に残る出会いは、今までやってきた作品や役すべて。役を通じて学ぶことがたくさんあって、作品が終わるごとに、自分の人格も変化してきた気がします。でもそうやってやってきたことで、本来の自分が何者か分からなくなってるところがあって。だから今の目標は、どんな作品をやりたいとかより、「友達100人作りたい」(笑)。今回も皆さんと友達になって、それこそ「カラフルな世界」を見つけていければと思います。以上です!

水田 素晴らしい! いいトリだったよ(笑)。

ワイルドホーンの楽曲はまるでハンバーガー?

――では続いて、ワイルドホーンさんの音楽の印象や魅力を、また皆さんのほうで順番を決めてお話しいただければと。

木村・水田 僕は……

小関 あはは、さっそく(笑)。

木村 今度こそ“先鋒”で出ようと思って(笑)。

小関 僕はすごく、キャッチーだなと思いますね!

生田 わ、抜け駆け〜(笑)。

木村 もうこれ、クロストークにしません!?

生田 そうだね、そうしよ!

木村 キャッチーなのは、もう間違いないですよね。僕はこの作品のリーディングワークショップでご本人とご一緒したんですけど、リンゴを丸かじりしていて。

唯月 “リアルリューク”だ!(編注:リュークは漫画『DEATH NOTE』のキャラクター。ワイルドホーンは『デスノート THE MUSICAL』の音楽も担当)

木村 そう。いやこれ、『四月は君の嘘』のほうだから!って思ってました(笑)。

唯月 私はその『デスノート』にも出させていただいたのですが、ワイルドホーンさんの楽曲って、聴くのと歌うのとでは全然違っていて。聴いているとビートが効いててポップな感じがするのに、歌ってみるとそのビートに引きずられちゃったり、耳に残りやすいメロディーなのに音程がすごく取りづらかったり、気持ちを前に出して歌うのが本当に難しいなって思います。

生田 メロディーの高低差がすごいよね。

木村 なんかさ、ハンバーガーみたいじゃない?

一同 ……ハンバーガー??

木村 高カロリーで、ハンバーガー、ハンバーガー、1回ステーキ挟んでまたハンバーガー! みたいな。

生田 あはは! 確かに。

小関 激しい感情を表した曲が多いからそう感じるのかもしれないね。感情的なシーンが多いこの作品に、すごく合ってるなと思います。

水田 僕は、伸ばすところが多いなって印象があって。

一同 多い!

水田 僕はそこに、ワイルドホーンさんの「感情が動くだろ?」ってメッセージを感じるんです。同じ音を伸ばすからって停滞するんじゃなく、白玉(音符)の中に何を見つけるかだ、って言われているような。難しいですけど、表現しがいがあるなあと思いますね。

「四月が来ると思い出す」作品になるように

――マンガを原作に、アニメや実写映画にもなっている『四月は君の嘘』。皆さんが思うミュージカル版の見どころと意気込みの程を、またクロストークでお願いします!

生田 大きな見どころは、コンクールのシーン。クラシックの曲を弾いてるところから始まって歌に移行するから、楽曲としても面白いし、どんな演出がつくのか私たちも楽しみだよね。

一同 うんうん。

小関 しかも、舞台ってやっぱり生だから。コンクールの緊張感とか臨場感が、アニメや映画以上に伝わるのかなって思います。

木村 あとは、公生の見てる景色がカラフルに色づいてく過程が、セットとか照明でどう表現されるか。もちろんお芝居と歌で表す部分もたくさんあると思うけど、視覚的にどうなるのか、僕自身ワクワクしてるし、見どころにもなってくる気がしますね。

唯月 私はアルバム収録をした時の、皆さんの前のめりな姿勢が印象に残っていて。部活みたいな空気感があったので、きっと舞台も、その熱量が肌で感じられるものになると思います。

水田 そうだね。観てくださる皆さんにカラフルな青春を届けられるように、健康面や感染対策に気を配って、千秋楽まで駆け抜けたいと思います!

生田 私も同じ気持ちです。今って、色々な我慢を皆さん強いられていると思うんですが、劇場の中だけはカラフルに。お客さんと一緒に思いっきり青春して、「明日を頑張って生きよう!」と思えるエネルギーを共有できたらと思います。

木村 僕は、台詞にある「四月が来ると思い出す」という言葉を、来年の春、お客さんに思い出してもらえるような作品にしたいですね。

水田 いいこと言うね! じゃ、次ふうかちゃん。最後は小関君がバシっと締めてくれるから(笑)。

唯月 はい(笑)。高校生とか学生さんって、とにかくなんでも一生懸命なので、私たちも一生懸命泣いたり笑ったり壁にぶち当たったりしたいなって。溜めてきた2年分のエネルギーを放出して、お客さんに何か感じ取ってもらえたら嬉しいです。

水田 いやあ、いい流れが来てるね〜!

小関 怖い怖い(笑)! そうだな……僕は原作を読んだ時、もがきながら前に進む公生の姿に、背中を押してもらったような気がしていて。僕自身がすごく感動した作品なので、お客様にとっても、前へ一歩踏み出すきっかけになったら嬉しいなって思います。…締められてました(笑)?

一同 完璧です(拍手)!

取材・文:中川實穗 撮影:杉映貴子



★ミュージカル『四月は君の嘘』インタビュー第1弾:小関裕太さんと木村達成さんの対談記事は コチラ(https://lp.p.pia.jp/article/news/224769/index.html)

ミュージカル『四月は君の?』チケット情報
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b2194961

関連記事(外部サイト)