EXIT、お笑いとのハイブリットな演出で沸かせた初のワンマンライブにMISIAが登場

Sony Musicより本格的にアーティストデビューしたEXITが、初の音楽ライブ単独公演『EXIT GENESIS 〜諸行無常のお歌の時間〜』を4月10日に東京・東京ガーデンシアターで開催した。

華やかなオープニング映像が流れると会場のボルテージは一気に高揚。色とりどりに光るペンライトが客席を埋め尽くす中、DJ Ta-shiのスクラッチが始まるとともにステージにはミラーボールが登場し、水平さんをイメージした衣装を纏ったEXITの2人が登場すると大きな拍手が沸き起こった。

昨年リリースされたミニアルバム『GENESIS』からリード曲の「SUPER STAR」や兼近大樹が初めて作詞に挑戦したという「バナナナナバ」を連続して披露。数多くの音楽番組でパフォーマンスしてきただけあり、ダンサーとの息の合ったパフォーマンスを披露する2人にはすでに余裕さえ感じさせる。

「みんな〜!会いたかったぜ〜!!」(りんたろー。)というアーティストさながらの呼びかけでMCが始まると、そこはさすがのEXIT。客席は笑いに溢れ「コントの一員だと思って楽しんでね!」(兼近大樹)という言葉に続けて、一人一人のアイデンティティの多用性を訴える「WHAT COLOR?(feat.明石家さんま)」を披露した。ラップに参加した明石家さんまのボーカルトラックはもちろんのこと、サビに合わせて変化するライティングやドラァグクイーンも彼らのステージを華やかに盛り上げた。

ダンサー紹介を挟んだのち、再びステージに戻ったEXITは、このステージのために用意したというコントも披露。芸人としての一面も見せつつ、コントのオチで次曲「PEN PEN PEN」へと繋げる“お笑い”と“音楽”のハイブリッドな演出で会場を沸かせた。その後もトロッコで会場を移動しながら、観客一人一人に想いを届けるように歌い上げた「ONE CHANCE」や「サヨナラ DAY DREAM」で会場の熱気を高めると、最後にデビュー曲「なぁ人類」で本編を締めくくった。

アンコールではゲストとしてMISIAが登場。EXITがMISIAをステージへ呼びこむと「つつみ込むように...」のイントロがスタート。EXITとMISIAのスペシャルコラボで歌い上げた。エイプリルフールにオンエアされたラジオ番組で今回のライブへのゲスト出演が決まったことから、MISIAが本当に来てくれるか信じられなかったというEXITに対し、「愛と平和を奏でるこの素晴らしい時間に呼んでくれてありがとう!」(MISIA)と応え、ライブの最後はMISIAのコーラスで「SUPER STAR」を出演者全員で再び披露。エンタテインメントに溢れた初の音楽ライブを締めくくった。

Photo:Aki Santin

<公演情報>
EXIT『GENESIS 〜諸行無常のお歌の時間〜』

4月10日(日) 東京・東京ガーデンシアター
開場15:30 / 開演17:00

セットリスト

M1. SUPER STAR
M2. バナナナナバ
M3. WHAT COLOR?(feat. 明石家さんま)
M4. PEN PEN PEN
〜コント〜
M5. ONE CHANCE
〜コント〜
M6. サヨナラ DAY DREAM
M7. なぁ人類
EN1. つつみ込むように...
EN2. SUPER STAR

<リリース情報>
EXIT ミニアルバム『GENESIS』

Now On Sale

●初回生産限定盤(CD+PHOTO BOOK):2,400円(税込)

EXIT ミニアルバム『GENESIS』初回生産限定盤ジャケット

●通常盤(CD):2,000円(税込)

EXIT ミニアルバム『GENESIS』通常盤ジャケット

【収録曲】
1. なぁ人類
2. SUPER STAR
3. WHAT COLOR?(feat. 明石家さんま)
4. PEN PEN PEN
5. バナナナナバ
6. ONE CHANCE
7. サヨナラ DAY DREAM

EXIT『GENESIS』全曲視聴動画

EXIT『GENESIS』特設サイト:
https://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/EXIT/genesis/

関連リンク

EXIT 公式アーティストページ:
https://www.sonymusic.co.jp/artist/exit/

EXIT 公式ファンクラブサイト:
https://exit-ent.com/

関連記事(外部サイト)