3年ぶりにPMFオーケストラを結成! パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌(PMF)2022

札幌の夏の風物詩「パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌(PMF)」2022の概要が発表された。コロナ禍によって縮小や中止を余儀なくされた期間を経て、3年ぶりに海外からのアカデミー教授陣やアーティストたちが参加し、音楽祭の中枢をなすPMFオーケストラも結成されるなど、この夏は、「国際教育音楽祭」としての本来の姿での開催が期待できそうだ(2022年7月16日〜8月2日:札幌コンサートホールkitaraほか)。

公演詳細: https://www.pmf.or.jp/jp/news/information/pmf2022.html

ラハフ・シャ二 (C)Marco Borggreve
ケン=デイヴィッド・マズア (C)Beth Ross Buckley
小曽根真 (C)Kazuyoshi Shimomura
金川真弓 (C)Kaupo Kikkas
上野通明
北村朋幹 (C)TAKA MAYUMI

●パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌(PMF)とは

1990年、『ウエストサイド・ストーリー』の作曲者として知られる世界的な指揮者、レナード・バーンスタイン(1918〜90)が、ロンドン交響楽団とともに札幌で創設した国際教育音楽祭。これまで約30年にわたり、世界77カ国・地域に延べ3,600人以上の優秀な音楽家を輩出し、未来のクラシック音楽シーンを担う人材の育成に貢献している。
その中心は、世界を代表する音楽家を教授陣に迎え、オーディションで選ばれた世界中から集まる若手音楽家を育成する教育プログラム「PMFアカデミー」。毎年夏の約1カ月間、出身も文化も異なる"若き才能"たちは、音楽という共通言語を通じ互いに切磋琢磨し、国際交流を深め、かけがえのない経験を胸に旅立っていく。特に、アカデミー生により編成される「PMFオーケストラ」は、世界トップレベル・アジア随一のユースオーケストラと評され、そのみずみずしく熱のこもった演奏は、多くの人々に感動を与えている。
さらには、音楽の力を実感する場を広げる活動にも力を入れている。小学生がオーケストラと共演しながら音楽を学ぶ「リンクアップ・コンサート」、世界最高峰の指導者が音楽大学の専攻生や中学・高校の吹奏楽・オーケストラ部を直接指導する各種セミナー、普段コンサートに足を運ぶことのできない方に直接音楽を届ける「ボランティアコンサート」など、PMFに集う多くの音楽家が地元札幌における音楽普及活動にも参加。地域に根ざした音楽祭であることもPMFの特徴だ。
PMFは、タングルウッド音楽祭(アメリカ)、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭(ドイツ)とともに「世界三大教育音楽祭」のひとつとされている。これらはすべてバーンスタインにゆかりのある音楽祭であり、PMFはこれからもアジアを代表する教育音楽祭としてその役割を果たしていくことが期待される。

パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌(PMF)2022

関連記事(外部サイト)