BiSH初となる主演オムニバス映画の公開が決定 行定勲、田辺秀伸、渡辺淳之介ら6人が監督を担当

楽器を持たないパンクバンド・BiSHが初の主演を務めるオムニバス映画『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL』が、6月10日に全国公開されることが決定した。

2015年3月に結成されたBiSHは、アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの6名からなるアーティストグループ。世間を驚かせるユニークで時に過激な彼女たちのパフォーマンス、また唯一無二の楽曲群と圧巻のライブで日々ファンを増やし続けているが、昨年12月に2023年をもって解散することが発表されている。

本作では数多くの名作を残し続ける映画監督・行定勲や、これまでBiSHの多くの作品を手がけてきた田辺秀伸、大喜多正毅、エリザベス宮地、山田健人、そしてWACK代表でもある渡辺淳之介が自らメガホンを取り、6人のメンバーと6人の監督たちがそれぞれタッグを結成。ドラマ作品からアート作品まで、六人六色で魅せるBiSHの新しい一面を詰め込んだ異色作となっている。

また本作の主題歌が昨年8月に発売されたメジャー4枚目のアルバム『GOiNG TO DESTRUCTiON』に収録されている「I have no idea.」に決定。併せて今回の映画でリンリンとタッグを組んだ山田健人がディレクションを担当した、同曲のMusic Videoが公開された。

BiSH「I have no idea.」MV