石丸さち子が作・演出するS-IST Stage『ひりひりとひとり』 キービジュアルと全出演者の個別イメージビジュアル公開

石丸さち子が作・演出するS-IST Stage『ひりひりとひとり』 キービジュアルと全出演者の個別イメージビジュアル公開

『ひりひりとひとり』

6月に上演されるS-IST Stage『ひりひりとひとり』のキービジュアルと全出演者の個別イメージビジュアルが公開された。

本作は、2020年に上演を予定していたものの、新型コロナウィルスの影響を受け中止となった演劇作品で、2022年に改めて初演を迎える。石丸さち子作・演出の完全オリジナル作品となり、6月10日(金)から19日(日)まで、東京・よみうり大手町ホール(東京都千代田区)にて上演される。

S-IST Stageは、ミュージカル『Color of Life』(作・演出)、舞台『BACKBEAT』(翻訳・演出)、 舞台『キオスク』(演出)等の 石丸さち子が作・演出する舞台演劇作品を、東映プロデュースにて上演する企画。本作は、 石丸さち子による完全オリジナルの脚本と、音楽家・森大輔の生演奏で上演される。

俳優“春男”にまつわる物語が、 濃密な会話劇と、詩、音楽、歌で創られていく本作。石丸さち子が「演劇だから出来ること」を改めて自分に問い質して生み出した、演劇と役者の未来を描く、新たな演劇作品となっている。

公開されたビジュアルは、作品世界観を反映したイメージビジュアルとなり、本編ビジュアルとは異なるもの。鈴木勝吾演じる主人公“春男”が、粉塵のような雑音の中に閉じ込められているイメージを捉えたキービジュアルと、鈴木勝吾、梅津瑞樹、伊藤純奈、百名ヒロキ、周本絵梨香、塚本幸男と音楽家・森大輔の個別イメージビジュアルが公開された。

また配役も発表。各プレイガイド先行(抽選先行)が、4月28日(木)12:00〜5月9日(月)23:59にて実施となる。詳細は本作特設HPにて。石丸さち子と森大輔、そして6人の俳優が紡ぐ新たな物語に期待したい。

【あらすじ】
ひとりの俳優をめぐる物語。
ひとは向き合う、自分に、他人に、世界に。
ひとは向き合う、過去に、未来に、今に。
たくさんのひとりが、ひりひりと今日を重ねていく。世界はまだ見ぬ明日へ。
工藤春男は、父の家庭内暴力、それを苦に家族を捨てる母といった、
愛情に恵まれない家庭に育った。
思春期には、烈しい統合失調の症状とともに暮らしていたが、
家を出ること、詩を書くこと、演劇と出会うことで、心は落ち着きを見せ、
持ち前の表現力や独創性が評価されはじめていた。
所属する劇団の公演、チェーホフの「かもめ」で
トレープレフをキャスティングされた春男は、
いつものように稽古をし、いつものように仲間と時を過ごしていたが、
実家で父が孤独死したという報せがはいる。
父という、自分の記憶からすでに消していた深い憎悪の対象の死を、
どうして受け容れればよいかわからない春男。
心はどんどん過去に遡り、思春期に自分で生み出した珍妙な別人格二人が現れる。
耳の中に始終聞こえていた雑音はボリュームを増し、やがて新たな幻覚まで登場して......。
春男が突然稽古を休んだ日、恋人でもある伊達夏子は、心落ち着かぬまま稽古場にいた。
Wキャストでトレープレフをキャスティングされた親友の玉木賢は、
芝居の最中に突然、台詞がしゃべれなくなり、
夏子の胸に生まれた「ざわざわ」は止まらない。
東京に戻ってきた「ちりちり」した春男と、なんとかつながろうとする夏子と賢。
春男はやがて、二人とともに、生まれ育った街に向け「ひりひり」した旅に出る。
どこか遠いところで幻聴のように鳴り続ける音楽とともに。
それは三人それぞれが、自分と向き合う旅でもあった......。
六人の俳優と一人の音楽家が絡み合い、
ひりひりとした物語を軽妙な笑いと、軽やかな身体、豊かな音楽とともに語っていく。

《開催概要》
■タイトル S-IST Stage『ひりひりとひとり』
■作・演出 石丸さち子
■音楽・演奏 森大輔
■出演(配役) 鈴木勝吾(工藤春男)、周本絵梨香(伊達夏子)、百名ヒロキ(玉木賢)、梅津瑞樹(ぴーちゃん)、塚本幸男(西郷さん)、伊藤純奈(りぼん)、森大輔(鉱石ラジオの音楽家)
■会場 よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1)
■日程 6月10日(金)〜19日(日)
■チケット 全席指定8,800円(税込)
■公演特設HP  https://www.s-ist-stage.com

関連記事(外部サイト)