「私もエカチェリーナと共に成長」 『THE GREAT シーズン2』主演エル・ファニングのオフィシャルインタビューが到着

「私もエカチェリーナと共に成長」 『THE GREAT シーズン2』主演エル・ファニングのオフィシャルインタビューが到着

『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜 シーズン2』

5月9日(月)より、海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」で独占日本初放送となる『THE GREAT〜エカチェリーナの時々真実の物語〜 シーズン2』の主演エル・ファニングのオフィシャルインタビューが到着した。

ピョートル3世から帝位を奪って女帝として名を馳せたエカチェリーナ2世が主人公の本作は、“時々真実の物語”と副題にある通り大胆なフィクションで構成された宮廷ドラマ。シーズン1はエカチェリーナが夫ピョートルから政権を奪うべくクーデターを起こすまでが描かれたが、待望のシーズン2では彼女がいよいよロシア皇帝の座を手に入れ理想の国づくりに取り掛かり、身重の体で宮廷闘争を生き抜き人生初めての出産に臨むことに。

シーズン1とシーズン2でエカチェリーナを取り巻く環境は大きく変わるが、ファニングは「エカチェリーナはシーズン1の頃から大きく成長していると思います。私もエカチェリーナと共に成長したので、演技方法を変える必要はありませんでした。彼女のように自信もつけましたし、演技を通じて多くを学びましたからね。」と、特に演技方法は変えていないことを明かした。また、「シーズン2での私は、ほとんど妊婦の状態です(笑)」というように、妊娠、出産という大きな経験をするエカチェリーナを演じるにあたって、「私は妊娠したことがありませんし、出産も経験していませんから、演技に不自然なところはないか、自分の母親にいろいろ聞きました。メイクアップ部門には膨らんだお腹の装具を作っていただいて付けていたんですが、それが重たいので、キャラクターの身体面を理解するのに役立ちました。」と周囲の協力があったことを語った。

このドラマは史実に正確というわけではないのだが、脚本家のマクナマラは史実を時々取り入れているそうで、今回は、お腹の周りにコルセットをつけていた当時の妊婦の姿を再現したという。ファニングは「最初に聞いた時は信じられませんでしたね。痛すぎるでしょって。」と語ったが、お腹の装具のひとつはお気に入りの小道具として持ち帰ったという。

ファニングはシーズン1から本作に制作総指揮として参加しているが、「このドラマで2シーズンを手掛けたことで、自信もつきました。プロデューサーとして成長したと思います。編集の工程も見て、意見も出すようになりました。こういった製作舞台裏に携わったことで、より細かなところにも気を配れるようになりました。そういった気付きが、私にとっては貴重でしたね。」と明かし、本シリーズから制作総指揮として参加したピョートル役のニコラス・ホルトに関しては「素晴らしいですよ。彼のことは人として大好き。彼はとても特別で、このシリーズを一緒にやるなら、彼以外考えられない。すごく仲良しで、一緒にいると安心できる。」お互いに支え合っている様子を覗かせた。

もちろん俳優としてのホルトへの信頼も絶大で、「脚本でピョートルを読んだ時は「彼のこと嫌いだな」って思うけれど、ニック(ニコラス・ホルト)が演じたら好きになっちゃう。すごく魅力的で、私ですら「死なないで!エカチェリーナに殺させるなんて無理!」って思ってしまう。エヘヘ。」と笑った。

ファニングはエカチェリーナを「今の時点で、不思議なことに彼女はピョートルのようになることがあります。冷酷な暴君みたいになることがあるんですよね。そんな彼女を演じるのも好きです。このドラマはフェミニストの物語でもありつつ、彼女は常に正しい答えを持ち合わせているわけではない。今でも学習や成長の途中にあるんです。」と冷静に分析。すでにシーズン3の制作も決まっているが、まだ物語がどうなるかはわからないそうで、「すごく楽しみです。私はいつもエカチェリーナの味方ですよ。」と語った。

以前、映画『マレフィセント』でアンジェリーナ・ジョリーと来日したファニングは、ロボットカフェに行ったり、お買い物をしたりと日本を楽しんだそう。「またすぐにでも日本に行って、直接皆さんにお会いしたいです。」という彼女は、最後に、「日本の皆さんが大好きです。エカチェリーナのことも好きになっていただけたら嬉しいです。シーズン2も、前シーズン同様楽しんでくださいね!」とメッセージを送った。

『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜 シーズン2』
海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV #海外ドラマ☆エンタメにて
2022年5月9日(月) 独占日本初放送開始!
【二カ国語版】 毎週月曜日22:00 ほか  【字幕版】 毎週月曜日24:00 ほか

関連記事(外部サイト)