リーグワン、いよいよプレーオフへ突入! 4強の主将がズラリ、「初代王座は譲らない」

リーグワン、いよいよプレーオフへ突入! 4強の主将がズラリ、「初代王座は譲らない」

(写真左より)中村亮土(東京サントリーサンゴリアス)、小川高廣(東芝ブレイブルーパス東京)、坂手淳史(埼玉パナソニックワイルドナイツ)、立川理道(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)

初代チャンピオンを決する戦いも、いよいよ残り2試合。今週末、『NTTジャパンラグビー リーグワン 2022 プレーオフトーナメント』準決勝、レギュラーシーズン1位・東京サントリーサンゴリアス×4位・東芝ブレイブルーパス東京、2位・埼玉パナソニックワイルドナイツ×3位・クボタスピアーズ船橋・東京ベイがキックオフを迎える。

大一番が5日目後に迫った5月16日、勝ち残った4チームのキャプテンが『NTT ジャパンラグビー リーグワン 2022 プレーオフトーナメント メディアカンファレンス in Marunouchi supported by 三菱地所』に登場。東京SG・中村亮土主将、埼玉WK・坂手淳史主将、S東京ベイ・立川理道主将、BL東京・小川高廣共同主将が一堂に会し、意気込みを語った。

中村「サンゴリアスは間違いなくチャレンジャーなので、チーム一丸となって東芝さんにリベンジしたい」
小川「ここまできたらスキルうんぬんではなく、どっちが勝ちたい気持ちが強いかの勝負だと思う。その気持ちが体のぶつけ合いに出ると思うので、ファンに興奮と感動を感じさせるラグビーを見せたい。次が正真正銘の戦いになるので、しっかり準備していきたい」

坂手「今季1週間1週間いい準備をするということをチームとして心掛けてやってきた。今週も変わらずみんなでいい準備していいラグビーができるよう、ワイルドナイツのラグビーをできるようにしていきたい」
立川「初代王者を目指してここまでやってきた。次の準決勝に勝たないとその先はないので、この1週間しっかり準備して、パナソニックさんに向かった先に優勝があると思うので、チーム一丸となって戦っていきたい」

4人は今季のチームの成長をこのように評価した。
小川「最初は良かったり悪かったりを繰り返して、後半になっていくにつれて自分たちのやろうとしていることができ、結果も出てきて、だんだん自信がついてきていると感じている。
クボタさんにボコボコにやられて(第10節・28-43)、その後チームにスイッチが入って、次の(コベルコ)神戸(スティーラーズ)戦はビッグな思いでやって(第11節・46-35)、そこからチームの雰囲気が良くなった」
中村「いいプレシーズンを送って、チームがまとまりながらきていたが、シーズンを過ごす中でちょっとした隙だったり油断だったりを東芝さんに突かれてバッチリ目が覚めた。もう一回気付かされた部分を思い出して、いい練習ができているし、チームの仕上がりもいい」

坂手「プレシーズンをいい形で過ごして、『さあシーズン始るぞ』という時にコロナで中止になり、もう一回自分たちのラグビーを見つめ直す時間をもらった。2試合の負け(不戦敗)で非常に勝点が大事になった。逆転勝ちした神戸戦(第4節・41-37)、静岡(ブルーレヴズ)戦(第11節・26-25)が非常に大きかったと今になって思う。選手たちが役割を全うできれば、問題なく勝てるとも思う。でもプレッシャーもあってなかなか難しい。
(逆転勝ちが多いのは)前半はどこのチームも強い。それをしっかり受け止めていい試合をして後半につなぐのがスターターの仕事。後半に出る選手は試合を見て分析しながら、入った時に適材適所いい働きをしてくれた結果」
立川「序盤からなかなかベストメンバーが組めない中、日本人の若手がいい活躍をしてくれてチーム全体の底上げだったり、チーム全員で戦う意識はよく感じることができた。両WTG(根塚洸雅、木田晴斗)は大学の時から有名、試合に出てしっかりパフォーマンスを出せるのはいつもの練習からしっかりできているから」

東京SG×BL東京は5月1日・第15節、埼玉WK×S東京ベイは5月7日・最終節に続く試合となる。第15節では雨のコンディションの中、ブレイクダウンで圧倒したBL東京が27-3の完勝し、開幕戦で46-60と打ち合いに敗れた借りを返した。最終節・埼玉WK×S東京ベイでは主力を複数欠いたS東京ベイを埼玉WKが後半突き放して35-14で快勝を収めた。連戦のやり辛さを質問された3人は次のようにコメントした。

中村「僕らにとっては非常にありがたい。そういうモチベーションをいただいて、もう一回チャレンジャーとして、もう一回東芝さんにぶつかっていきたい」
小川「(第15節は)自分たちのディフェンスがアタックのようにアグレッシブに出ていくのが強み、雨でサントリーさんのボールを動かすラグビーにプレッシャーをかけられたと思う。
(勝った後の再戦は)気持ちの持っていき方が難しいが、もう一回『潰すぞ』という気持ちをチームに徹底的に入れていきたい」

坂手「お互い試合は決まっていたので、隠すところは隠してやっていたと思う。自分たちは強みを出せるよう準備した。僕らはホストゲーム最終戦でしっかり勝って終わるということを考えてやった。全7試合で青いタオルを持って応援してくれたファンに勝利を届けようと戦った」

準決勝の相手に上回っている点を求められと、4人は以下のようにコメントした。
中村「東芝さんに上回らないといけないところは勝ちたい気持ち。前回負けているので、今回全員が勝ちたい気持ちを持ってぶつかりたい」
小川「サントリーさんの強みはアウトサイドバックスでいいランナーがいっぱいいることだが、こっちもそこは強み。そこで勝てる選手がいるので、しっかり倒したい」

立川「全部勝ちます」
坂手「全部負けないです、勝ちます」

自チームのストローングポイントとキーマンを問われると、4人はこう返答した。
中村「サンゴリアスはアグレッシブアタッキングラグビーを掲げていて、どこからでも点を取れる強みがある。誰が出たとしても、ノンメンバーを含めてサンゴリアスのラグビーができるのが強み。プレーオフになるとタイトなゲームになるので、ボールを持っていない時にハードワークができる尾崎晟也、僕がキーになると思う。
ダミアン(・マッケンジー)はゲームをかき乱すプレータイプなので、東芝の強いディフェンスをどんどん後ろに下げて、PGやGでポイントを取ってプレッシャーをかけてほしい」
小川「東芝はアグレッシブなディフェンス、グラウンドを広く使ったアタックが強み。選手はデカい両LO (ワーナー・ディアンズとジェイコブ・ピアス)が活躍してくれて、セットピースだけではなく、ディフェンスもアタックも活躍してくれている。次の試合でもこのふたりが暴れてくれると思う」

坂手「ワイルドナイツの強みはディフェンス。しっかり前へ出るディフェンスからボールを取って得点する強みを出していきたい。今季いろんな強みができていると思うので、全部出したい。注目選手は野口竜司。後方でゲームをコントロールしてくれるし、チームにいい声を掛けてくれるので野口に注目している」
立川「チームの強みはやはり大きなFW。BKもアンストラクチャーから今季はトライを取れると証明したと思う。注目選手はNo.8で出ると思うがファウルア・マキシ。プレーオフではかなり重要になってくると思うので、注目してもらいたい」

4人は自軍のヘッドコーチ評も答えた。
立川「フラン・ルディケのいいところは本当によくチームを見ていて、選手全員とコミュニケーションを取ってくれるところ。スタッフ陣をマネージメントしてくれて、風通しがいい。それはフランの人柄であり、チームの作り方であり、彼の強みだと思う」
坂手「ロビー(・ディーンズ)さんは寛大でやさしく、ただその中で一本筋が通っている。僕ら選手の意見を受け入れてくれる。僕らの意見をロビーさんの芯の中で受けてからチームへ流してくれる」

小川「トディー(トッド・ブラックアダー)は東芝らしく熱い人。チームをポジティブに持っていける声掛けや働きかけをしてくれる。本当にチームをいい雰囲気にしてくれる」
中村「ミルトン(・ヘイグ)HCは非常に熱く、たまに感情を出すが、比較的温厚な人。僕らの意見を聞き入れてくれるし、自分の芯もある。これまでサントリーは厳しいHCがいた中でまた違った風が入ってきて、みんながアジャストしているところ。新しいサントリーを作っていく中でベストマッチしている」

また中村は6月の日本代表ではコンディションを考慮して外れた点について尋ねられると、「プレーオフは全然プレーできる状態だが、長いスパンで考えるとちょっと不安なところがあるので、万全な状態に持っていくためにジェイミー(・ジョセフ日本代表HC)と話してこういう形になった」と説明した。

果たして、BL東京と埼玉WKがリーグ戦に続き連勝を飾るのか、東京SGとS東京ベイが前回の借りを返すのか。『NTTリーグワン プレーオフトーナメント』準決勝・東京SG×BL東京は5月21日(土)・東大阪市花園ラグビー場、埼玉WK×S東京ベイは5月22日(日)・秩父宮ラグビー場にてキックオフ。3位決定戦は5月28日(土)・秩父宮ラグビー場、決勝は5月29日(日)・国立競技場にて開催。準決勝のチケットは発売中、決勝・3位決定戦のチケットは5月23日(月)一般発売。初代チャンピオンを決める戦いは見逃せない。

取材・文:碧山緒里摩(ぴあ)

NTTジャパンラグビー リーグワン 2022 プレーオフトーナメントのチケット情報
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b2207723

ジャパンラグビー リーグワン 特設ページ
https://t.pia.jp/pia/events/rugby-leagueone/

ジャパンラグビー リーグワン 2022 観戦ガイド
https://book.pia.co.jp/book/b597752.html

関連記事(外部サイト)