『犬王』原作者・古川日出男&キャラクター原案・松本大洋書きおろし入場者プレゼント第1弾発表 犬王が駆け回る本編映像も

『犬王』原作者・古川日出男&キャラクター原案・松本大洋書きおろし入場者プレゼント第1弾発表 犬王が駆け回る本編映像も

『犬王』場面写真

いよいよ5月28日(土)に公開が迫った劇場アニメーション『犬王』の第一弾入場者プレゼントが決定。キャラクター原案を担当した松本大洋による初解禁を含む原案に加えて、原作者・古川日出男が特別に書きおろした『犬王』の世界観を堪能できる冊子「犬王お伽草子」が限定配布されることが決まった。

本作は監督・湯浅政明、脚本・野木亜紀子、キャラクター原案・松本大洋、音楽・大友良英といった常に新作が期待されるクリエイターが集結し、室町の知られざるポップスター【犬王】から生まれた物語を、変幻自在のイマジネーションで描く“狂騒のミュージカル・アニメーション”。『平家物語 犬王の巻』(古川日出男著/河出文庫刊)を原作に、カリスマ性と歌唱力、そして野心を抱く主人公・犬王を人気バンド「女王蜂」のボーカル担当・アヴちゃんが演じ、その相棒となる琵琶法師・友魚(ともな)を実力派俳優・森山未來が演じる。

原作小説『平家物語 犬王の巻』を、小説の表紙も担当している漫画家・松本大洋がキャラクター原案で参加し映像化された本作。今回、その第一弾入場者プレゼントとして、本作のために古川が書きおろした文章に、松本の原案イラストが添えられた蛇腹冊子「犬王お伽草子」が配布されることが決定。今回書き下ろされた文章は、この冊子でしか読むことができない特別なものとなっている。表紙には黄色い着物と共におなじみの瓢箪のお面をつけた犬王らしき姿が描かれているが、一体どんな特別な内容になっているのか。『犬王』本編を見た後に読むとさらに『犬王』の世界を堪能できる一冊だ。第一弾入場者プレゼントは公開初日の5月28日(土)より各上映劇場で配布される(※特典は数に限りがございます。なくなり次第終了となります)。

また同時に、瓢箪のお面をつけて街中を駆け抜ける犬王の姿をとらえた本編映像も公開となった。本編映像では、異形として生まれ、長く特徴的な右手を持ち、顔には瓢箪のお面をつけた犬王が、その驚異の身体能力で街中を駆け回る。異形として生まれたものの、人と違うことを全く気にせずに自由に走り回り、徐々に自分の姿で町の人々を驚かせることに楽しみを見出していく犬王。湯浅監督作品には2度目の参加で、主人公の犬王を演じるアヴちゃん(女王蜂)の無邪気な笑い声も魅力的で、のびやかで純粋に楽しそうな犬王だが、こののちにバディとなる友魚との出会いによって大きく運命を変えることとなる。

いよいよ公開が迫り日本だけでなく世界各地からも注目が寄せられ、その期待度もさらに高まっている本作。劇場で巻き起こる“白熱と狂騒”を目撃してほしい。

劇場アニメーション『犬王』本編映像


劇場アニメーション『犬王』
5月28日(土)より公開

関連記事(外部サイト)